六波羅殿御家訓

 鎌倉執権北条氏の歴史を調べることにはまっています。日本歴代の政権の中でも、為政者としてこれほど優秀な一族はいないのではないだろうか?

 次の足利政権が、民のことを考えずに都で戦争をしたり、東山文化のために金を使っていたのと、正反対です。  



 六波羅探題の北条重時が子孫にあてた家訓の現代語訳で興味深いものがありました。

http://music.geocities.jp/gyyy5678/s0-24.htm

十三.正義の主張

正義を押した結果に、誰か死んでは、困ります。
正義の主張を加減しなさい。
不正を指摘した結果に、相手が命を落としては、困ります。
不正の摘発を、加減しなさい。
このように行動すれば、人に好かれます。
あえて、主張しなくても、神様仏様は、すべてを、見ています。



 これはすばらしい家訓だと思いました。
 

[ 2015/09/15 19:29 ] 北条得宗家 | TB(0) | CM(0)

太平記 北条家滅亡



 NHK大河ドラマの太平記 第22話

 新田義貞に攻められた最後の得宗である北条高時は、長崎円喜、北条一門らとともに、鎌倉の北条家の菩提寺にて自害。

 

 源氏が身内で殺しあうのと対象的に、北条一門は壇ノ浦で滅んだ平家一門のように、身内からの裏切りもでず、いさぎよい最期。



 この太平記は最近の大河ドラマとちがって、すごく出来がよいですね。



 この北条高時は、北条九代名家功という歌舞伎の演目になっている。年寄りになって古典芸能にはまるのもわからないでもないきがしますね。歴史を知ると古典芸能が面白いんだろうなあ。

[ 2015/08/09 19:30 ] 北条得宗家 | TB(0) | CM(0)

草燃える

北条義時が主役の大河ドラマの総集編がニコニコ動画にありました。

北条義時役は松平健、三浦義村役は藤岡弘、、
この二人がかっこいいです。


草燃える 総集編 第5回 尼将軍・政子 8

三浦義村が源頼家の息子である公暁をあやつり、実朝と義時を暗殺しようとたくらむ。
事前に察知した義時は難を逃れる。
義時も義村も、義理も人情も無い悪人で救いようがありません。
源実朝は暗殺されますが、源氏の身内が次々と殺されたことから、自分も暗殺されるだろうとおびえていました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8442181



草燃える 総集編 第5回 尼将軍・政子 9

義時暗殺に失敗した義村が公暁を裏切り、殺してしまう。本当に救いようの無い話です・・。
実朝暗殺を知った後鳥羽上皇は北条義時を朝敵とする院宣くだす。
幕府重臣で元公家である大江広元は、朝廷など恐れることは無く、京へ出撃して朝廷と戦えと、義時を励ます。義時は「謀反を起こしたのは上皇」であると、鎌倉武士の前で堂々と宣言する。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8442219


北条義時は、最近まで知らなかったのですが、日本史上でも最も興味深い人物であると思います。
戦国時代や江戸時代は、まだ、義理や人情、忠義などが感じられますが、鎌倉時代は本当に恐ろしい時代ですね。


三浦義村役は藤岡弘。公暁を裏切り、「公暁を見つけ次第、首を斬れ」と家臣に命令。言葉を失う家臣たち。



北条義時役は松平健。朝敵となるも、自信満々に笑みを浮かべ、京へ出撃することを決意。


北条義時は世間の価値観に縛られていない。朝敵とされても、朝廷の権威におびえていない。

[ 2015/07/14 20:50 ] 北条得宗家 | TB(0) | CM(0)

ネトウヨは、北条得宗家を崇拝せよ!

 鎌倉時代は調べると面白い。

 鎌倉幕府をつくった源頼朝は実際は、坂東武士の神輿にすぎず、最終的な権力闘争の末に北条家が執権となり政治を行った。源氏三代が滅んだ後は、京から公家、皇族を将軍としてむかえて、成長したら将軍を交代させるという荒業をやっていた。


 北条義時の直系は得宗とよばれ、権威を持った。得宗の語源は戒名らしい。

 義時、泰時、時頼はそのなかでも名君とされる。


 北条義時は、鎌倉武士の権力闘争に勝ち残り、最後には承久の乱で天皇にも勝利し、北条家の支配を磐石にした。

 北条泰時は、御成敗式目という法律をつくり、政治を安定させた。御成敗式目は現代の民法にも影響を与えているらしい。

 北条時頼は廻国説という水戸黄門みたいに全国をまわって、庶民を助けたらしい。

 元寇を撃退した北条時宗は名君のなかには入っていない。彼は早死にしてしまい、元寇後の後処理がうまくできなかったことが、北条家の衰退の原因であろう。



 朝廷や天皇さえも軽視し、荒くれ者の鎌倉武士たちの中から権力闘争で権力をつかんだのが北条得宗家であり、自らは身分が低いために、将軍や天皇の座は狙わず、彼らを傀儡として利用した。そして、自分たちの統治の正統性として、善政を敷くことを大いにアピールした。北条時頼の伝説も善政が生んだものだろう。


 また、北条時宗は朝廷がつくった元寇への返書を握りつぶしていた。つまり、朝廷から外交権も奪っていた。つまり、明治維新の黒船来航で、幕府の外交が問題視されたが、元寇と戦ったときからすでに、朝廷には外交権など無かったのだ。

 神風が起きたのは、天皇に対しても戦いを挑む質実剛健な北条家が主導したからである。奇跡でなく、実力主義の北条家だから勝利した。

 太平洋戦争で負けたのは、天皇が責任者となって戦争をし、天皇を崇拝した狂信者の集まりだったたからである。そもそも、計略に長ける北条得宗ならば、太平洋戦争など起こさなかったであろう。


 北条得宗家の男系は滅亡したが、足利家は家から嫁をめとっている場合が多く、彼らの血は現代まで続いている。

----


 元寇は本当に良い教訓である。実力主義の鎌倉武士団のような集団でないと、対外戦で勝利はできない。天皇の権威などに頼っていては勝てないのである。

 天皇に対して万歳をするくらいなら、元寇を破りモンゴル支配から日本を救った北条得宗家に万歳したほうがよっぽどマシである。

 そして、元寇に勝ったにもかかわらず、北条得宗家は滅亡することになる。戦争に勝ったからといって、利益を得られるとは限らないのである。これは本当に良い教訓だと思う。

 
---

 源氏や北条家の歴史を徳川家康はよく学んでいたのではないかと思う。源頼朝は平家討伐の功労者でる義経、範頼ら兄弟を殺害し、権力基盤が弱くなったために滅んだ。北条得宗家は元寇の後処理の不手際が原因で滅んだ。

 豊臣秀吉は、源頼朝のように甥の秀次を殺害し、そして、北条得宗家のように対外戦争を行い(元寇の場合は戦うしかなかったが、秀吉は積極的に攻めこんだ)、滅んだ。

 徳川家康は、一族を大事にし、対外戦争も行わなかった。


[ 2015/07/05 12:40 ] 北条得宗家 | TB(0) | CM(0)

北条義時と織田信長

 戦国武将でもてはやされる織田信長ですが、僕は北条義時のほうがやっていることは大胆で、北条義時には魏から権力を簒奪した晋の司馬一族のような恐ろしさを感じる。

 義時は,信長よりも、計算高く、用心深く、大胆で、悪人である。義理人情のカケラも無い。マジで、恐ろしい。鎌倉武士であるが、いわゆる日本人が考える武士道のカケラも感じない男である。


 信長は源氏の名門である今川、武田を滅亡させ、源氏の足利将軍家のつくった室町幕府を滅ぼした。しかし、部下の明智光秀に反乱を起こされて、敗北する。



 義時は、源頼朝に仕えた頼朝の義理の弟であるが、頼朝死後(そもそも頼朝も、北条家の陰謀で殺されたのかもしれないが・・)頼朝の男系子孫をすべて殺して、頼朝一族を滅ぼした。そして、ついには、承久の乱において、京都御所まで攻め上り(総大将は息子の泰時)、上皇3名を島流しにし、広大な荘園を簒奪した。


 


 KOEIで義時の野望というゲームつくってくれないかなあ。

 戦国無双みたいなゲームで、ラスボスは後鳥羽上皇。

[ 2015/07/03 20:42 ] 北条得宗家 | TB(0) | CM(0)

北条義時が主役の大河ドラマ 草燃える

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%89%E7%87%83%E3%81%88%E3%82%8B

 昔の大河ドラマですが、北条義時が主役。

 源頼朝をかついで、平家を打倒した北条氏ですが、そのあとは、権力争い殺し合いをして、頼朝の直系も死に絶え、ついには、承久の乱で、後鳥羽上皇を島流しにする。

 まるで中国の王朝のような殺し合い。悪人しかいない、オス臭い大河ドラマですねえ。

[ 2015/06/26 01:47 ] 北条得宗家 | TB(0) | CM(0)