富士山マガジン 2Q決算

8/10に富士山マガジンの2Q決算が発表されていました。


こちらが決算の文面です。



株式会社富士山マガジンサービス(3138) 平成29年12月期 第2四半期決算短信より引用


このような環境のなか、当社は、当第2四半期累計期間においても、前事業年度に引き続き、各マーケティングチャネルの充実、SEO対策やリテンション対策による雑誌購読者の定期購読者化、新規受注高の増加及び継続率の上昇による継続受注高増加のための各種施策を実施して参りました。

さらに、WEB経由以外で新規の雑誌定期購読者数を増やすために、出版社が管理する既存の定期購読顧客の管理を当社に移管し、当社が購読顧客の獲得、管理、配送までを一括で受ける「Fujisan VCS(Fujisan Value Chain Support)」の展開及び法人顧客開拓についても、引き続き注力して参りました。

また、当社の経営戦略として提示している出版社への雑誌販売以外の収益機会を提供する「第三の矢」については、雑誌記事連動型のECサイトの運営についてノウハウを獲得すべく、雑誌「OCEANS」公式オンラインストアの運営を受託し、試験運用を開始しております。

この結果、当第2四半期累計期間において総登録ユーザー数(一般購読者及び法人購読者の合計数)は2,635,021名、そのうち課金期間が継続している継続課金ユーザー(「Fujisan.co.jp」に登録しているユーザーのうち、月末時点で年間定期購読及び月額払い定期購読の申込みを継続しているユーザー並びに当月内に雑誌を購読したユーザーの合計数)は562,408名となりました。





気になった点は以下の2点です。
・雑誌と連動するオンラインストアを試験運用開始
・購読顧客の獲得、管理、配送までを一括で受ける「Fujisan VCS(Fujisan Value Chain Support)」開始

雑誌が売れなくなってきて、雑誌の管理をこまごまとやるのが出版社としてはきつくなってきたので、富士山に丸投げしようという流れです。また、オンラインストアを富士山が運営することで、雑誌定期購読者をうまくオンラインストアに送迎できるかもしれない。

糸井重里のほぼ日が手帳の売り上げで大儲けしているように、雑誌ではなくオンラインストアの売り上げで儲けることができるんじゃないのかなと感じました。

また、定期購読者の数字を発表したことも自信の表れだと感じました。PERは20倍弱で割安感はないですが、面白い銘柄だと思います。

関連記事


[ 2017/08/19 15:43 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する