週末雑感

 ソフトバンクの大型買収案件報道以後、為替が急激に円安に振れたため、輸出関連銘柄が値上り。空売りポジが響いて今週はマイナスです。日銀の量的緩和も報道されはじめたようで、空売りポジションは今後どうなるのか、怪しくなってきましたガーン しかし、尖閣問題があることですし、輸出関連銘柄の次回決算まではホールドで、問題ないでしょう。

 サン電子はすべて売り切りましたが、今日上方修正が出たみたいですね。2Qで四季報予想の50%程度だったので、四季報予想に近い数字が通期でも出そうです。サンエー化研の上方修正ももうすぐ出ると思うんですけど、サン電子並みの数字を期待です。

 新興銘柄では電子書籍関連とネット広告が強いですね。イーブックは高値つかみしましたが、集英社と提携ということで、長期的にも面白いと思います。アメリカNewsweekも紙媒体は発売終了とのことで、時代の変わり目を感じますねにひひ
 日本の文化人で電子書籍には情緒が無いとか、紙媒体のほうがいいとか、コメントする人がいますが、僕は全くそうは思いません。

 紙媒体の書籍は・・
 ・重い
 ・資源の無駄
 ・検索に時間がかかる
 ・紙が経年劣化する
 
 大学行ってたとき、糞分厚い教科書を持って通学するのが嫌でしたw これが全部電子書籍になれば本当に便利になると思います。キーワード検索もできるし、効率的に勉強できます。電子辞書じゃなくて紙媒体の辞書を薦める人もいますけど、便利なものを使って効率的に勉強するほうがいいに決まっています。

 久々のイスラム教の話題ですが、イスラム教初期の頃は羊皮紙が主流で、コーランも羊皮紙に書かれていました。中国からイスラム帝国に紙が伝わったとき、イスラム帝国では羊皮紙から紙に切り替えて各地に製紙工場をつくりました。紙とアラビア語がイスラム教とイスラム科学の普及に大いに役立ったわけです。初期のイスラム教はとても先進的だったわけで、だからこそ世界帝国を築く事ができたわけです。今のアメリカみたいな国でしたからね。日本も情緒だとか伝統だとか無意味なことへのこだわりを捨てて、電子書籍普及に邁進してほしいです。

 電子書籍にしても、日本の既得権者がかつてのMP3のように妨害工作をすると、美味しいところはアップルとかグーグルとかアマゾンに全部持っていかれるかもしれませんね。ということで、集英社とイーブックに期待ですニコニコ


株式
1413 桧家HD
3271 グロバル社
3274 アイディホーム
4234 サンエー化研
8903 サンウッド

株式(信用)
3658 イーブック
4234 サンエー化研
4317 レイ
6059 ウチヤマHD
6062 チャームケア
6752 パナソニック(空売り)
6837 京写
7201 日産自(空売り)
7203 トヨタ自 (空売り)
7261 マツダ (空売り)

前月比 1.00%
年初比 70.26%
維持率 95.39%

 眠すぎて、あやちょブログ更新まで起きていられないかもしれない叫び

 バイバイぐぅぐぅ
関連記事


[ 2012/10/19 21:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/399-c593607a