記事一覧

オニールの成長株発掘法

 『オニールの成長株発掘法』を読んでいます。ベンジャミン・グレアムの著書よりは読みやすいですね。



 オニールの考え方は、より実際的で実務的な株式投資の手法だという印象を受けました。想定される読者は、余剰資金で趣味で株式投資をするトレーダーではなく、ファンドに勤務するプロの投資家向けと思います。反対に、ピーター・リンチは、主婦やサラリーマンを読者として想定しており、誰にでもわかりやすく敢えて簡単に書いたような気がしますね。

 株式投資の本質的な考え方からいうと、ベンジャミン・グレアムやピーター・リンチの手法が正しいのでしょうが、長期投資というのは実はすごくリスクが高い(機会損失)ので、ウィリアム・オニールの手法は知っていて損は無いと思います。

 オニールのテクニカル分析では、『取って付きカップ』というのがあるのですが、これってエナフンさんの言うところの『Jカーブ』ですよね。(エナフンさんがブログ中で触れられているかもしれませんが)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログランキング参加中


プロフィール

ごまお

Author:ごまお
旧ブログ
https://ameblo.jp/g0mao

パフォーマンス(年初比)
2010年 +21.87%
2011年 +5.51%
2012年 +87.23%
2013年 +109.57%
2014年 ー2.06%
2015年 +19.56%
2016年 +29.94%
2017年 +36.77%

検索フォーム

投資リンク

スポンサーリンク

シンプルアーカイブ

スポンサーリンク