2011/08/07

雑誌かってみた

スポンサーリンク




にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ごまおファンド

 pen 8/15 2011 no.296 定価600円

 イスラム特集!コンビニにあったので購入。表紙はイランのイスファハーンのイマーム・モスク。青が美しすぎるなあ。これはかなりおすすめだと思う。イスラムの特徴、文化、歴史などを綺麗にまとめてあるなあ。

-------

Viewpoint:アフガンで失敗繰り返す超大国=アレクサンドル・ゴルツ
 ◇Alexander Golts(ロシア「日刊ジャーナル」副編集長)
http://mainichi.jp/select/world/news/20110730ddm004070038000c.html
 ここ数年、アフガン関係の会議に出席すると、ソ連軍が撤退した約20年前に戻った気分になる。例えば、米国がいかに多くの道路や送電網、発電所を建設したのかという説明は、80年代後半にカブールのソ連大使館で受けた説明を思い出す。アフガンで社会資本を整備すれば、政治や社会の発展に寄与するかもしれないが、成果を出すには数十年が必要だ。欧米はそれほど長い期間、現地の社会資本を守ることはできないだろう。

米軍撤収は勝利ではなく破産の証し
http://www.newsweekjapan.jp/stories/us/2011/08/post-2220.php
 ジェームズ・ベーカー元国務長官が指摘したように、財政赤字の利払いは10年もしないうちに国防支出を上回るかもしれない。米議会予算局によると、戦闘即応態勢にある兵力を15年までに4万5000人に減らすことで節約できる金額は、4000億ドル以上になるという。

---
 アメリカは財政悪化で派手な対外戦争はもうできないんじゃないだろうか。ということでアメリカの中東における影響力はかなり低下すると予想。

 イスラム世界が復興するためには、、、

・オイルマネーでアメリカの一流大学を超える規模の大学をつくる。フランスのソルボンヌ大学の分校がアブダビにできたそうなんだけど、もっと学術面を振興させるべきだよね。世界の全ての英語論文をアラビア語に翻訳するとか、大々的にやってほしいね。

・中央アジア、アフリカの資源を取り戻す。かつてはアフリカの金鉱山はムラービト朝などイスラムの影響下だったわけで。

・イスラエルの再征服。アメリカが衰退したら、イスラエルだって生き残れないわけだが。イスラエルを征服する際には、いかに文化的に平和的にできるかが鍵だな。サラディンやアブー・ウバイダやウマルのように、行わなければ、紛争が永遠に続くことになる。
 今の指導者たちって初期のイスラム教団よりも狂信的な感じがするんだよねええ。サラディン、アブー・ウバイダや正統カリフのウマルの言動をみていると、狂信的なところが無くてかなりまともなんだよねええ。

コメント

非公開コメント