相続見直し民法改正案 今国会成立へ

 相続分野の規定を約40年ぶりに見直す民法改正案など関連法案や受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案が今国会で成立する見通しになった。7月22日まで32日間の会期延長が決まり、審議の日程を確保できるためだ。両法案は衆院本会議で6月19日に可決し、参院に送付した。参院で野党第1党の国民民主党は両法案の衆院の採決で賛成している。

 民法改正案など関連法案は、残された配偶者が自身が亡くなるまで今の住居に住める配偶者居住権を新設するのが柱だ。住居や生活資金を確保しやすくなり、生活に困窮するのを防ぐ。婚姻期間が20年以上の夫婦の場合、遺産分割で配偶者を優遇する規定もつくる。「自筆証書遺言」を全国の法務局で保管できる制度もつくり、遺言をめぐるトラブルを減らす。

2018/6/20 20:00日本経済新聞 電子版


相続に関して法改正がなされるようです。

オウチーノは新事業として、相続に関するビジネスをはじめています。今回の法改正を見越したものでしょう。

オウチーノはみんなのウェディングと合併します。みんなのウェディングの社長石渡進介氏は弁護士です。
法の専門家である石渡氏が経営陣にいることは、オウチーノにとって強みになると思います。

オウチーノを保有する最大の理由は、穐田氏が経営陣にいるということ。穐田氏は新興企業を軌道に乗せるテクニックを持っていると思う。オウチーノは時価総額100億程度では終わらない考えている。投資は自己責任で。

SnapCrab_NoName_2018-6-21_19-35-29_No-00.png

関連記事


[ 2018/06/21 19:41 ] ★オウチーノ | TB(-) | CM(1)

ああ

穐田に期待
[ 2018/06/21 20:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する