記事一覧

トランプ大統領と日本

トランプは日本が大嫌いだと思う。

日本がバブル絶頂期のころ、アメリカの不動産を買い占めたことがあった。トランプは敗戦国なのに、日本に援助しすぎだと感じたはずだ。アメリカ政府の戦略としては、東西冷戦の兵站基地としての機能を日本に求めたので、経済復興してほしくて、製造業に対しては多大な援助を行ったことは有名である。日本製品が品質が良いと一時期言われたのは、アメリカの科学的品質管理手法を導入したからだ。

・真珠湾奇襲
・バブル期のアメリカ不動産買占め
・対米貿易摩擦

トランプ大統領が日本を馬鹿にしているのは、いまや誰が見てもわかる。

トランプ大統領は中国訪問したときは、偉大な文化に感銘を受けていたと思えた。歴史を学べば、中国が偉大なことはすぐにわかるからだ。


ーーー

ほとんどの日本人は、江戸時代平和に暮らしていたのに、黒船で脅してきたアメリカのせいで、しょうがなく開国しただけで、欧米に張り合うために、滅茶苦茶やったけど、所詮は日本人はアメリカに適わなくて、コテンパンにやられて、反抗する意思さえ無くなってしまったけど、ジャップ政府よりもGHQのほうがマシやから、対米従属でええやんっていうのがほとんどの人の考え方。


日本の絶頂期は80~90年代だろう。アジア諸国は貧しくて、日本が圧倒的だからネトウヨになんてなるやつはいなかった。圧倒的に日本が圧倒的な経済力をもっていて、アジアを哀れみで見ていた。

若い人がネトウヨ傾向なのは、気づいてたときには、誇れる日本が無いからなんではないだろうか。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログランキング参加中

 

プロフィール

ごまお

Author:ごまお
旧ブログ
https://ameblo.jp/g0mao

パフォーマンス(年初比)
2010年 +21.87%
2011年 +5.51%
2012年 +87.23%
2013年 +109.57%
2014年 ー2.06%
2015年 +19.56%
2016年 +29.94%
2017年 +36.77%

検索フォーム

記事(ランダム表示)

投資リンク

アクセスランキング

シンプルアーカイブ

スポンサーリンク