日本MDM 人工関節市場 日本とアメリカ

日本MDMの決算資料等を読んでいて、やはり医療はアメリカがいちばん進んでいるのだと感じる。MDMはアメリカ子会社の人工関節メーカーの代理店みたいな感じですね。もともとはJ&Jの代理店だったのを自社製品を生み出すことで、収益化しているってことですかね。

 

Ortho Development Corporation

https://www.odev.com/

 

 

 

アメリカの人工関節市場は日本の7倍らしい。ソース失念。。。

アメリカでは人生を楽しむことが重要らしく、日本とちがって年齢が若いうちに手術するらしい。

 

日本は人工関節がまだ一般的でないので、歩けなくなってから手術する人が多いと思う。70とか80になって。。日本でも早期に人工関節の手術が一般的になるとよい。Ortho Development Corporationのサイトには人工関節で登山しているアメリカ人の写真が多数掲載されている。

アメリカのこういう思想は素晴らしいと思う。

 

Utahn believed to be first to summit Everest with artificial knees(Ortho Development Corporationの人工関節でエベレスト登頂したことが、FOXニュースで報道)

http://fox13now.com/2016/05/15/utahn-believed-to-be-first-to-summit-everest-with-artificial-knees/

 

 

これはワイの考えなのだが、プロレスラーの武藤敬司にOrtho Development Corporationの人工関節を提供したら面白いのではないか?これはかなりのプロモーションになると思う。武藤はもはや歩くのもしんどそうなわけで。。

 

 

関連記事


[ 2017/08/15 02:36 ] 日本MDM | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1832-f93cec95