ヴァンダル族としての日本

ヴァンダル族である日本がローマ帝国たるアメリカに負けて本当によかったとこころから思える。旧日本に思いをはせる人たちは、アメリカ支配によって財産を失った人々か、または、日本を中心に物事を考えている。

現在の日本の美点の殆どはアメリカ統治後に生まれたものである。工業力、清潔度。アメリカに支配されていなかったら、北朝鮮になっていたと思う。

ローマ帝国として振る舞うアメリカにヴァンダル族としての日本は完全に屈服した。
歴史以外全てにおいて、日本はアメリカに及ばない国である。

ローマ帝国たるアメリカにいまだに対決姿勢を見せるのは、イスラム文明圏である。イスラム文明圏は東ローマ帝国の首都を征服し、東ローマ帝国を滅ぼした実績がある。東ローマ帝国はイスラム文明圏に組み込まれ、繁栄した。
関連記事


[ 2017/07/25 07:57 ] 日本蛮族論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1823-7e227e3c