政治家の人間性論

豊田議員が暴言を吐いたことで、議員の資格無しと世間から批判されている。

合理的に考えれば、暴言をはこうが、国民にリターンがかえってこれば、問題ないわけで。また、あまりに世間がバッシングすると、エリート層が議員にならなくなる。

国民感情とすると、リーダー層には、人格が備わっていないと、彼らを指示さる気になれない。

ワイが何度もブログであげているが、日本人が思い浮かべる理想の政治家像は、北条泰時である。

北条泰時は同時代でも、理想の政治家として、公家からも賛美されたのをはじめ、それらは吾妻鏡にも記録され、後世の政治家に影響を与えた。

執権は鎌倉御家人の筆頭格に過ぎず、都から連れてきた将軍がいるわけで、良い政治を行うことで、自らの正当性を主張した。

北条一族がいなければ、元寇に勝てなかったと思うわけで。

北条一族は逆賊とされたが、泰時個人の政治家としての資質はどの時代からも評価されていたようで、日本の法律の原型は、御成敗式目に遡る。

泰時は、鎌倉御家人らしく、質実剛健、質素を基本とし、禅を学び、物事に道理にかなっているかどうか、を重視した。礼儀を重んじ、目下にも目を配り、キッチリした人だった。政治的立場上、そうしないと、執権の立場を守れなかっためである。
泰時の酒の肴が塩だけという話もあるし、屋敷も質素だったようだ。

大河ドラマの北条時宗では、執権が町人を切り殺したしまったとき、北条一族の老人たちから責められる場面があった。
執権は道理のない行動をしてはダメなのである。この道理というのは、日本人の感覚的なものになる。


さて、豊田議員が秘書を罵倒したことは、北条執権の論理から鑑みて、道理がある行動だったのか?

北条泰時が目下の御家人が大きな失敗をしたときに、豊田議員のようなことをしただろうか。泰時ならば、あのような暴言は吐かずに、表面上は穏やかにしていただろう。泰時ならば、録音された音声をマスコミに売られるという失敗はしない。むしろ、相手を罠にかけるタイプ。敵対する相手を罠にかけ、滅ぼしてきたのが北条一族である。

豊田議員は、部下に謀反を起こされたということで、無能である。



まとめる。
日本人の政治家の手本は、北条泰時。不安定な執権という立場だからこそ、道理のある行動をとった。

北条泰時ならば、逆に秘書に罠をかけて滅ぼす。秘書に背かれて身を滅ぼした豊田議員は無能。
また、泰時は人格者であり、そもそも、秘書に背かれるような事態に陥らない。

追記。北条一族の対極が天皇。安定した立場だからこそ、ろくな奴がいなかった。
関連記事


[ 2017/07/13 06:54 ] 北条得宗家 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1806-d39f678a