コンビニや牛丼チェーン店などに過剰なサービスを要求する傾向

ダウンタウンの松本一派がよくチンピラみたいに、コンビニや牛丼チェーン店などの店員の態度が悪いとケチをつけている。

 

僕もたまにはそう感じることがあるけど、アルバイトで安い時給で働いているので怒ってもしょうがないと思ってしまう。アルバイトの賃金分には、客を王様のように扱うような過剰サービス分を包括していないのだろうという思い。

 

つまり、アルバイトの賃金以上の過剰なサービスを客が求めるべきではないということ。居酒屋などにも同じことが言えると思う。

 

コンビニの店員の賃金は安いとしても、月会費で1万円払わないと、コンビニで売買できないなどの高額なサービス費用がかかるとしたら、別だと思うが。


 

 

 

しかし、ある程度の高級な寿司店とか、レストランだと、客も相応のサービスを求めてもいいと思う。

 

ネットニュースなどでは、オッサンや爺さんが横柄な態度をとることが多いという。若者は問題を起こさないという。

オッサンや爺さんになればなるほど、横柄になるのはなぜなのだろうか。感情的になってしまうのはみっともないとおもう。

 

チンピラの立ち話ならまだしも、これを高額なギャラをもっているタレントがペラペラしゃべり、それを面白がって放送できてしまうテレビ番組のシステムってどうなんだろうか。テレビ視聴率が落ちているのは質が低すぎるからだと思う。個人の好き好きもあるかもしれないけど。

 

横山やすしがダウンタウンの漫才をチンピラの立ち話といったのはこういうことが理由なのだと思う。明石家さんまは、ゲストをいじったりはするけども、ダウンタウンのチンピラの立ち話とは違う美学みたいなものを感じることができる。今日のワイドナショーでも加藤一二三に対して失礼な態度をとっていたと感じた。なぜ、テレビ業界では彼を王様としてしまうのか。

 

オリラジのあっちゃんを応援したい気持ちもかなりある。

 

 

 

ちなみに僕は爆笑問題とか、くりーむしちゅーのような関東芸人が好みである。上田はMCとして相当実力をつけてきていると上から目線で視聴している。

 

 

 

ダウンタウンの松本は高額なギャラをもらっているわけで、我々視聴者を王様のように笑わせる義務があると思っている。坂本龍一はダウンタウンに絡んだことを後悔しているという。ダウンタウンの松本が高級を得てしまうような現在の企業広告費のシステムは適正なのだろうかと思う。つまり、お笑いタレントのギャラが高額になりすぎていると。彼らの富の源泉は企業広告費である。

 

若い投資家の人たちが、巨大な企業の大株主になるなどして、日本をよりよい方向に変えることができるのじゃないかと勝手に思っている。

 

 

 

日本の過剰サービスな風潮で困るのは、最後にこまるのは、労働者なのではないだろうか。

関連記事


[ 2017/06/25 12:45 ] お笑い | TB(0) | CM(4)

1. 過剰サービス

初めてコメントします。
仰せの通り、日本は過剰サービスが多いですし、その結果コスト高になっている面がありますね。結局、自分の首を絞めることになっていると思います。
[ 2017/06/25 14:24 ] [ 編集 ]

2. 無題

コメントありがとうございます。過剰なサービスなんていらないって皆が言い出せばもっと住みやすくなると思いますね。
[ 2017/06/25 15:41 ] [ 編集 ]

3. 無題

ほとばしるセンス
投資家アカウントにはない論者としての才覚
それが私の中でのごまお氏の存在を際立たせます。
文章が素直で私にはスッと感覚で理解できます。
それはごまお氏の人柄だと思います。
[ 2017/06/25 18:04 ] [ 編集 ]

4. 無題

所詮テレビだから皆無視しているだけで、違和感感じているとおもいますね
[ 2017/06/25 19:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1798-67ddba45