バカロレア哲学試験問題2017年版:これがフランスの大学入試!

バカロレア哲学試験問題2017年版:これがフランスの大学入試! 
2017/06/15 18:22 
前の記事 
ホーム 
http://societas.blog.jp/1066467716 
le-baccalaureat-le-sesame-supreme 
6月15日、フランスで毎年恒例となるバカロレア資格の哲学試験が行われた。 

バカロレア資格とはフランスの大学入試に相当する試験。毎年6月中旬からおよそ一週間にわたって行われる。 
中でも初日の哲学試験は4時間にわたって一つの命題と格闘することを要求されることで知られており、この日はフランス中がバカロレアの行方に関心を寄せる事となる。 

そんなバカロレア哲学試験、今年は一体どのような問題が出題されたのだろうか。早速問題文をチェックしてみよう。 
文系(L) 

主題1 知るためには観察するだけで足りるか。 
(Suffit-il d'observer pour connaître ?) 

主題2 権利を全て実行することは正当か。 
(Tout ce que j’ai le droit de faire est-il juste ?) 

主題3 以下のルソー『人間不平等起源論』の抜粋を説明せよ。(問題文略) 
(ROUSSEAU, Discours sur l’origine et les fondements de l’inégalité parmi les hommes, 1755.) 


理系(S) 

主題1 権利の擁護と利益の擁護は同義か。  
(Défendre ses droits, est-ce défendre ses intérêts ?) 

主題2 人は自らの文化から自由たり得るか。 
(Peut-on se libérer de sa culture ?) 

主題3 以下のフーコー『知・身体』の抜粋を説明せよ。(問題文略) 
(FOUCAULT, Dits et Ecrits, 1978.) 


経済社会系(ES) 

主題1 理性は全てを説明し得るか。 
(La raison peut-elle rendre raison de tout ?) 

主題2 芸術作品はすべからく美しいか。 
(Une oeuvre d'art est-elle nécessairement belle ?) 

主題3 以下のホッブズ『リヴァイアサン』の抜粋を説明せよ。(問題文略) 
(HOBBES, Léviathan, 1651.

 

フランスのセンター試験がヤバい。「問1.認識するには観察するだけで十分なのか?」←4時間かけて論述 [無断転載禁止]©2ch.net [589351131]
http://hitomi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1497698390/

 

8 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワイモマー MMda-2WTa)[] 投稿日:2017/06/17(土) 20:22:41.93 ID:DE4oQxwTM [1/2]
難しすぎワロタ
こうやって本物の知性が選抜されてさらに教育されていくんだな

 

 

 

コピペ。真偽不明。

 

日本がやってりる暗記合戦の科挙の残照には意味がないとフランス人はきづいているんだね。知識はコンピュータにつまっているから、それを取り出すだけ。とりだす方法はマクロ組むとか、システム的にやるだけ。旧植民地に委託することか。

 

日本の大学は明治時代初期につくられた<当時の>欧米文明コピー特化型であって、現代化ではすでに時代遅れになっているんじゃないだろうか。ホリエモンの出現や、イノベーションがアメリカ発ばかりなのに日本人もようやく気付いてきて、日本は実は遅れているんじゃないだろうかと思い始めている。

 

 

 

 

 

関連記事


[ 2017/06/17 22:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1793-d8f4ee3b