忘れられたもの






マスケット銃が進化するまで、騎射というのが最強の戦術だった。馬上で弓を射ることは、高度な技術を要する。

日本の流鏑馬しかしらないと、ユーラシア大陸の本物のパルティアンショットを知ってびびってしまう。


オリンピックではアーチェリーが存在し、馬術競技もあるが、近代的なそれらよりも、複合弓をつかったパルティアンショットの大会を催したほうが、人類史的にもよっぽど意味があると思う。




イギリス式や西欧式の馬術が世界に普及し、アマチュアスポーツで五輪といえばそれしかないわけだが、欧米の国力が低下することで、現在の価値観というものがいずれ吹き飛んでしまうことを少し期待している。
トルコ・モンゴル系の馬術のほうがかっこいいからね


関連記事


[ 2017/04/27 01:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1758-f6e3d67d