記事一覧

『草燃える』三代将軍実朝・鶴岡八幡宮の惨劇



三浦義村(藤岡弘)にそそのかされた八幡宮別当公暁(三浦と北条によって惨殺された源頼家の子供)が源実朝と北条義時(松平健)を暗殺しようとする。
北条義時は三浦の企みを察知しており、実朝の首が刎ねられるのを遠巻きに眺めている。
鎌倉北条氏は本当に恐ろしい一族だが、政権を奪ってからは、道理に基づいた政治を行った有能な一族だ。


鎌倉北条氏は親族である足利尊氏の裏切りによって滅ぼされた。しかし、足利尊氏の妻は最後の執権である北条守時の妹であり、足利義詮はその妹の実子であり、北条の血脈は足利将軍にも受け継がれていたわけである。

鎌倉北条家滅亡した後も、関東では北条の威光衰えず、北条を仮冒した後北条一族が関東を席捲するわけである。後北条氏も京から親王を連れてきて鎌倉殿に据えて、関白豊臣秀吉に対抗したら面白かったと思うわけである。親王将軍を鎌倉殿とし、自らは執権となっていたらどうなっていたか。かつての関白などは鎌倉北条一族の京出先機関である六波羅探題によって完全にコントロールされていたわけで。

徳川も北条に味方し、徳川家康が三浦義村のようにふるまっていたかもわからない。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログランキング参加中


プロフィール

ごまお

Author:ごまお
旧ブログ
https://ameblo.jp/g0mao

パフォーマンス(年初比)
2010年 +21.87%
2011年 +5.51%
2012年 +87.23%
2013年 +109.57%
2014年 ー2.06%
2015年 +19.56%
2016年 +29.94%
2017年 +36.77%

検索フォーム

投資リンク

スポンサーリンク

シンプルアーカイブ

スポンサーリンク