記事一覧

鎌倉府の足利家末裔 足利頼氏

室町幕府の足利尊氏は子供(母は鎌倉北条家の最後の執権:北条守時の妹)に将軍を継がせ、弟の血統は関東支配を行った。それが戦国時代の足利家の分家(小弓公方家、古河公方家)である。

 

室町幕府将軍足利義教の時代に、義教が暗殺されたことがきっかけで(嘉吉の乱)、関東の足利氏の権威は低迷していき、落ちぶれることになった。そして、鎌倉北条家とは何の関係ないと思われる後北条家なる一族が台頭し、関東は北条王国になるのである。

 

信長の野望・創造 戦国立志伝 

足利頼氏は小弓公方家という落ちぶれた足利分家の人です。信長の野望でプレイすると雑魚すぎてどうしようもないです。統率1です。。

 

この人の父親は足利義明は後北条家との戦で敗死。里見家に保護されたようです。そして、足利義明の娘と里見家が婚姻関係にあったとwikiに書いてありますね。里見八犬伝の伝説もこのあたりが起源なんだろうか。

 

頼氏のお姉さんが秀吉の小田原征伐で一夜をともにし、それで関東足利家を復興させたらしい。秀吉は子供を期待していたらしいが、子供はできなかった。ここで子供ができていたら、足利家の血を引きますから、嫡男としての正統性は抜群です。いくら主筋の織田信長の血をひく淀殿とはいえ、信長も生まれは下賎であり(尾張守護の斯波氏の代理である織田家のその重臣筋)はっきりいって淀殿もただの側室で終わっていたのでしょう。

 

足利家の血筋だったら将軍に相応しいので、秀吉の政権構想も室町幕府の真似になっていたんでしょうね。

 

秀吉としては、主君の織田信長の政権を簒奪し、側室や息子をひどい殺し方で殺したこと、自分も部下にいつ裏切られるかと実は不安だったと思う。だからこそ、足利将軍の血筋にこだわったんだろう

足利将軍の血筋をひいていれば、信長よりも自分のほうが正当性があるから、気分的に楽だったのでは。

 

 

 

コメント

1. ども(・∀・)

初コメ失礼致します?記事読ませて頂きました?こうやって遠くにいる方ともコミニケーションできるのってなんか素敵ですよね(*´艸`*)次も楽しみにしてますね☆これからお互いに仲良くできたら嬉しいです☆

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログランキング参加中


プロフィール

ごまお

Author:ごまお
旧ブログ
https://ameblo.jp/g0mao

パフォーマンス(年初比)
2010年 +21.87%
2011年 +5.51%
2012年 +87.23%
2013年 +109.57%
2014年 ー2.06%
2015年 +19.56%
2016年 +29.94%
2017年 +36.77%

検索フォーム

投資リンク

スポンサーリンク

シンプルアーカイブ

スポンサーリンク