熊本地震とテノックス

 今週は熊本県で大規模な地震が発生しました。まさか九州で地震が起きるとは思っていなかったですね。

 私の保有銘柄のテノックスは、九州地区にテノックス九州という持ち分会社を持っています。テノックス九州が復興のための土木工事で活躍しそうです。

 さんざんブログでテノックスの分析をしていましたが、財務も万全で、福島復興、東京五輪、道路インフラ補修工事、ベトナム進出(ベトナムは地盤が弱いのでテノックスの技術が活かせる)と土木需要も豊富で、さらに、政府が景気対策で公共投資に力を入れるという報道もあったなかで、見通しは万全でしたが、懸念点はテノックス九州でした。テノックス九州は今季赤字という四季報のコメントです。しかし、今回の熊本地震で死角はなくなりましたね。いかんせん、地味株なので、徐々に注目されて、じわじわ株価はあがっていくのではないかと思います。シーアールイーを売却して、テノックスに集中しましたが、いまのところは良い選択でした。
関連記事


[ 2016/04/16 06:23 ] テノックス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1656-b4c0e50f