戦国時代に没落した名門の武家・公家

下間頼廉(しもつま・らいれん) 信長の野望・創造の能力値


信長の野望・創造にはまっていて、かなりプレイしているのですが、役立つのが下間頼廉なんですね。
本願寺を率いて信長に対抗した坊主です。戦国時代までは寺社はかなりの武力をもっていました。信長は比叡山延暦寺を焼き討ちにして、本願寺とも戦っていますが、室町幕府将軍の足利義教も比叡山延暦寺を攻めていますね。
信長が死んだ後は秀吉から本願寺を任されるようになったようですね。信長の野望をプレイするまでまったく知らなかった人物です。


さて、本題の戦国時代に没落した名門の武家・公家シリーズです。


斯波義銀(しば・よしかね) 信長の野望・創造の能力値

尾張守護でもあり、管領でもあった斯波武衛家の最後の当主。守護の部下である守護代のその部下である奉行の織田信長に権力を奪われてしまった。足利分家、源氏の末裔。源氏の末裔といっても、力がないと何の意味もない。
信長、秀吉、家康といった下級武士が出世して、名門武家が没落していったわけですね。


細川昭元(ほそかわ・あきもと) 信長の野望・創造の能力値

管領でもあった細川吉兆家の最後の当主。足利分家、源氏の末裔。三好、織田に権力を奪われる。信長の蹴鞠の相手をつとめたという。今川氏真パターン。


一条兼定(いちじょう・かねさだ) 信長の野望・創造の能力値

土佐の一条家の最後の当主。
関白の一条教房が、応仁の乱を避けて中央から下向したことに始まるのが土佐一条家。
関白の末裔なんですよね。斯波家よりも名門ですよ。名門ですが、土佐の国人領主である長宗我部元親に追い出されてしまいました。斯波義銀のような扱いですね。織田氏や長宗我部氏も旧主をないがしろにしすぎですよね。
信長の野望・創造では知略:1、統率:2と酷い評価されていますw


少弐冬尚(しょうに・ふゆひさ) 信長の野望・創造の能力値

少弐氏第十七代(最後)の当主。鎌倉時代から続く名門武家。一介の御家人の身分でありながら、本来公家の官職である大宰少弐に任じられたことから、武藤から少弐と名乗った。元寇で日本軍の総大将として指揮をとった少弐景資の末裔。元寇の功労者であった執権北条家や少弐家が現代まで続いていないのが悲しいですね。竜造寺隆信に敗れて自害。斯波氏と比べては武家らしく戦場で死んだ。

織田、竜造寺、長宗我部にしても、名門武家・公家である旧主を追放した彼らの末路は悲惨なものでした。旧主をないがしろにした報いで、自分が攻められる際に、容赦されないのだろうか。徳川家康が名門武家を高家としてとりたてて保護したのも、彼らの末路から学んだからなのか。






 




 


 

 


 



関連記事


[ 2016/03/05 09:13 ] 日本史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1645-02234299