尾張守護 斯波義銀

織田信長の時代の尾張

将軍      足利氏 
          ┃
管領      斯波氏・細川氏・畠山氏 
          ┃
守護      斯波氏 
          ┃
      ┏ ━ ┻ ━ ━ ┓
守護代 清洲織田氏  岩倉織田氏  
      ┃
重臣  清洲三奉行         


管領は斯波(武衛)氏・細川(吉兆)氏・畠山氏でまわしていた。信長存命中は細川氏が管領。
清洲織田氏:織田信友
岩倉織田氏:織田信賢
清洲三奉行:織田信長、織田忠辰、織田広信

織田信長は守護の斯波氏の家臣の清須織田氏の奉行をやっていた家柄。

戦国大名ってもともとは守護なのかとおもってたら違うんですよ。武田信玄や今川義元は守護の家柄だけど、織田信長は守護の部下の部下の家柄。応仁の乱で守護が京都で戦争やっている間に、地方では守護の部下たちが好き勝手やっていたわけです。

武田信玄からしてみると、自分は鎌倉時代から続く源氏の名門なのに、織田信長という守護の家来の奉行の家柄のやつが何を好き勝手やっているんだという感じでしょうね。

織田信長は荒木村重、明智光秀と謀反が相次いだけど足利義教と同じタイプの人で、本能寺がなくても謀反起こされたかもしれないと思う。秀吉は生前は謀反起こされていなかったので、やはり人間的な魅力があるんでしょうねえ。


斯波義銀の肖像画は戦国大名の肖像画と違っているんですよね。どちらかと言うと、鎌倉時代に近い。形式は鎌倉幕府の得宗・北条時頼のものと似ていると思う。出家した戦国大名がイスにすわっている肖像画ってみたことないですが、イスにすわって、靴を台座においている、この形式は鎌倉時代からつづく由緒あるものなんだと思います。



斯波義銀


北条時頼

~~~


将軍      足利義昭
          ┃
管領      細川氏綱
          ┃
守護      斯波義銀
          ┃
      ┏ ━ ┻ ━ ━ ┓
守護代 織田信友   織田信賢  
      ┃
重臣  織田信長、織田忠辰、織田広信
      ┃
家臣  豊臣秀吉 ━ ━松の丸殿(側室)

織田信長の息子の北畠信雄(織田信雄)の「北畠」って戦国時代しか知らないと何とも思わないのですが、これは公家の名家です。北畠顕家の家柄なんですね。北畠顕家は太平記で足利尊氏で戦って敗死した人物。鎮守府将軍です。

天下人の秀吉って本当に身分が低いです。実際、己の才覚だけで出世したわけだから、スゴイ人なんだと思います。秀吉は容姿が醜くて、同僚の男からの嫉妬を買わない、愛されるキャラだったんでしょうね。秀吉がイケメンだったらそれはそれで、周りからつぶされたかもしれない。

秀吉が寵愛した側室の松の丸殿は、京極高次の姉です。京極家は足利分家で名門です。






 




 


 

 


 



関連記事


[ 2016/02/28 10:53 ] 日本史 | TB(0) | CM(1)

1. コメント失礼します!

ブログにコメント失礼します!充実した内容で一気に読みました!またお邪魔します。
[ 2016/02/28 13:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1644-8680afb2