記事一覧

真田丸

 真田丸をみていて、考えさせられるところがありました。

 武田勝頼は、真田丸では木曽義昌、穴山梅雪、小山田信茂といった武田の一門衆がつぎつぎとうらぎって、勝頼は行く場をなくした。

 武田家は甲斐源氏で鎌倉時代から続く名門なのですが、甲斐にはそこらじゅうに源氏の末裔がおり、彼らをまとめるのは至難の業なんでしょう。

 平家は一門から裏切りがでない。平清盛一門、鎌倉北条家。裏切りはほとんどでない。両者は共通している。

 源氏は裏切り者だらけで兄弟で殺しあう。頼朝は兄弟を殺したし、足利尊氏は弟を殺し、妹の夫が鎌倉幕府執権の赤橋(北条)守時にもかかわらず、北条をうらぎった。

 勝頼の一門衆である木曽、穴山、小山田も源氏だが、勝頼を裏切るときは、源氏の血塗られた歴史を持ち出して、自己を正当化したんだろうなあと、フと思いました。


 織田信長はそもそも尾張の守護でもなんでもない、どこの馬の骨ともわからん下級武士。今川、斯波、細川、京極(佐々木道誉の末裔)が足利一門ですね。源氏です。

 その織田信長に源氏の名門が敗れて、さらに、日本を支配するのが豊臣秀吉というのが面白いですねえ。しかし、政治が安定するのは新田義貞末裔を詐称した徳川家康。そこも面白いところですねえ。

 源氏は名門扱いされるけど、政治家としては微妙な人が多いと思うし、血塗られた歴史すぎて、ちょっとひきますね。
 日本の為政者のなかでは徳川家と北条得宗家が際立って優れていると感じますねえ。

 次の真田丸は武田を滅ぼした滝川一益の没落が描かれますねえ。栄枯盛衰だ。
 



 




 




 


 

 


 






 
 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログランキング参加中

 

プロフィール

ごまお

Author:ごまお
旧ブログ
https://ameblo.jp/g0mao

パフォーマンス(年初比)
2010年 +21.87%
2011年 +5.51%
2012年 +87.23%
2013年 +109.57%
2014年 ー2.06%
2015年 +19.56%
2016年 +29.94%
2017年 +36.77%

検索フォーム

記事(ランダム表示)

投資リンク

アクセスランキング

シンプルアーカイブ

スポンサーリンク