記事一覧

徒然草第215段 最明寺入道

 北条時頼(大河ドラマ北条時宗では、渡辺謙)がきになって、最明寺入道(出家後の時頼の呼び名)などと適当にぐぐっていると、どうやら、徒然草に彼の記述があるらしい。


~~~

 徒然草第215段

原文
平宣時朝臣、老いののち昔語りに、「最明寺入道、ある宵の間によばるゝ事ありしに、『やがて』と申しながら、直垂(ひたたれ)のなくて、とかくせし程に、また使きたりて、『直垂などのさふらはぬにや。夜なれば異樣なりとも疾く』とありしかば、なえたる直垂、うちうちの儘にて罷りたりしに、銚子にかはらけ取りそへてもて出でて、『この酒をひとりたうべむがさうざうしければ申しつるなり。肴こそなけれ、人はしづまりぬらむ。さりぬべき物やあると、いづくまでも求め給へ』とありしかば、紙燭(しそく)さしてくまぐまを求めしほどに、臺所の棚に、小土器(こがはらけ)に味噌の少しつきたるを見出でて、『これぞ求め得て候』と申ししかば、『事足りなむ』とて、心よく數獻(すこん)に及びて興に入られはべりき。その世にはかくこそ侍りしか」と申されき。



平宣時朝臣が、老後に昔を語って、「最明寺入道が、ある宵、私を招かれたことがある。『すぐ参ります』と御返事したものの、しかるべき直垂(ひたたれ)がなくてぐずぐずしているうちに、また使いが来て、『直垂などがないのですか? 夜だから、どんな身なりでもかまわないので、すぐ来てください』と伝えて来たので、糊の落ちたよれよれの直垂(ひたたれ)で、ふだん姿のままで参上した。
最明寺入道は、銚子と素焼きの杯とを持ち出してきて、『この酒をひとりで飲むのが淋しいので、お呼びしたのです。酒の肴がないが、家の者達はみんな寝静まったことだろうから、適当なものがあるかどうか、御自由に探してください』ということでした。
紙燭(しそく)に火をともして、すみずみまで探したところ、台所の棚に、小さな素焼きの皿に味噌がすこしついたのを見付けて、『これをやっと探しあてました』と申し上げると、『それでよいよい』とおっしゃって、気持よく数献を重ねて、たいそうごきげんになられたのでした。最明寺入道の時代は、こんなふうだったものです」
と話された。

解説

北条時頼は鎌倉幕府第5代執権(しっけん)で、執権を譲ったあとも、北条嫡流の得宗(とくそう)。そんな鎌倉幕府の重鎮の家にも、なめ味噌一つなかったんですね。なにしろ、時頼は質素をむねとする名君として有名ですからね。
語った平宣時も、これを書いた兼好も、時頼の質素を好意的にみていますね。
いつの時代でも、清廉で質素な人物っていいですね。

http://www.kcc.zaq.ne.jp/dfaks108/tzg215.htm

~~~

 徒然草なんて、国語か何かで習った記憶はあるものの、どういうものかさえ記憶に無いw

 しかし、北条得宗の最明寺入道についての記述があるのだね。急に興味がわいてきた。歴史はつながると面白い。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログランキング参加中


プロフィール

ごまお

Author:ごまお
旧ブログ
https://ameblo.jp/g0mao

パフォーマンス(年初比)
2010年 +21.87%
2011年 +5.51%
2012年 +87.23%
2013年 +109.57%
2014年 ー2.06%
2015年 +19.56%
2016年 +29.94%
2017年 +36.77%

検索フォーム

投資リンク

スポンサーリンク

シンプルアーカイブ

スポンサーリンク