太平記 北条家滅亡



 NHK大河ドラマの太平記 第22話

 新田義貞に攻められた最後の得宗である北条高時は、長崎円喜、北条一門らとともに、鎌倉の北条家の菩提寺にて自害。

 

 源氏が身内で殺しあうのと対象的に、北条一門は壇ノ浦で滅んだ平家一門のように、身内からの裏切りもでず、いさぎよい最期。



 この太平記は最近の大河ドラマとちがって、すごく出来がよいですね。



 この北条高時は、北条九代名家功という歌舞伎の演目になっている。年寄りになって古典芸能にはまるのもわからないでもないきがしますね。歴史を知ると古典芸能が面白いんだろうなあ。
関連記事


[ 2015/08/09 19:30 ] 北条得宗家 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1605-02d6e0e4