アラブ系金融トレーダー

 アラブ系のトレーダーはサウジのアルワリード王子しか知らなかったのでほかに誰かいないと調べていたらみつけたひと。なかなかおもしろそうなひとです。

 

 ナシム・ニコラス・タレブ

 レバノン系正教徒。祖先はオスマン帝国の官僚のようです。


 祖国から迫害されてのがれてきたようで、その点はユダヤ人のジョージ・ソロスに似ているかもしれない。


 日本は孤立した島国ですが、かつてのイスラム帝国、オスマン帝国、そして、現在のアメリカは人種や民族の坩堝で、いろいろな人がいます。アメリカでは、レバノン系正教徒やユダヤ人やらパレスチナ人やら、いろいろな人がいるわけで、子供時代にそういう人々と接していたら、自分の視野も広がるだろうと思います。

 日本の村社会とか、同調圧力とか、息苦しさ、非寛容さなどは、すべて、島国からくる排他性に由来するものなで、アメリカのようになることは未来永劫無いと思います。








 最近すごく感じることがあるのですが、金融工学は大昔の宗教哲学の延長線上にあるというか。ジョージソロスの著作でも、難解な机上のすごい論理がかいてあるわけですが、いわゆる哲学という科学でもない机上の学問の最先端が金融工学のような感じがします。
関連記事


[ 2015/07/26 12:59 ] イスラム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1602-2c954910