ネトウヨは、北条得宗家を崇拝せよ!

 鎌倉時代は調べると面白い。

 鎌倉幕府をつくった源頼朝は実際は、坂東武士の神輿にすぎず、最終的な権力闘争の末に北条家が執権となり政治を行った。源氏三代が滅んだ後は、京から公家、皇族を将軍としてむかえて、成長したら将軍を交代させるという荒業をやっていた。


 北条義時の直系は得宗とよばれ、権威を持った。得宗の語源は戒名らしい。

 義時、泰時、時頼はそのなかでも名君とされる。


 北条義時は、鎌倉武士の権力闘争に勝ち残り、最後には承久の乱で天皇にも勝利し、北条家の支配を磐石にした。

 北条泰時は、御成敗式目という法律をつくり、政治を安定させた。御成敗式目は現代の民法にも影響を与えているらしい。

 北条時頼は廻国説という水戸黄門みたいに全国をまわって、庶民を助けたらしい。

 元寇を撃退した北条時宗は名君のなかには入っていない。彼は早死にしてしまい、元寇後の後処理がうまくできなかったことが、北条家の衰退の原因であろう。



 朝廷や天皇さえも軽視し、荒くれ者の鎌倉武士たちの中から権力闘争で権力をつかんだのが北条得宗家であり、自らは身分が低いために、将軍や天皇の座は狙わず、彼らを傀儡として利用した。そして、自分たちの統治の正統性として、善政を敷くことを大いにアピールした。北条時頼の伝説も善政が生んだものだろう。


 また、北条時宗は朝廷がつくった元寇への返書を握りつぶしていた。つまり、朝廷から外交権も奪っていた。つまり、明治維新の黒船来航で、幕府の外交が問題視されたが、元寇と戦ったときからすでに、朝廷には外交権など無かったのだ。

 神風が起きたのは、天皇に対しても戦いを挑む質実剛健な北条家が主導したからである。奇跡でなく、実力主義の北条家だから勝利した。

 太平洋戦争で負けたのは、天皇が責任者となって戦争をし、天皇を崇拝した狂信者の集まりだったたからである。そもそも、計略に長ける北条得宗ならば、太平洋戦争など起こさなかったであろう。


 北条得宗家の男系は滅亡したが、足利家は家から嫁をめとっている場合が多く、彼らの血は現代まで続いている。

----


 元寇は本当に良い教訓である。実力主義の鎌倉武士団のような集団でないと、対外戦で勝利はできない。天皇の権威などに頼っていては勝てないのである。

 天皇に対して万歳をするくらいなら、元寇を破りモンゴル支配から日本を救った北条得宗家に万歳したほうがよっぽどマシである。

 そして、元寇に勝ったにもかかわらず、北条得宗家は滅亡することになる。戦争に勝ったからといって、利益を得られるとは限らないのである。これは本当に良い教訓だと思う。

 
---

 源氏や北条家の歴史を徳川家康はよく学んでいたのではないかと思う。源頼朝は平家討伐の功労者でる義経、範頼ら兄弟を殺害し、権力基盤が弱くなったために滅んだ。北条得宗家は元寇の後処理の不手際が原因で滅んだ。

 豊臣秀吉は、源頼朝のように甥の秀次を殺害し、そして、北条得宗家のように対外戦争を行い(元寇の場合は戦うしかなかったが、秀吉は積極的に攻めこんだ)、滅んだ。

 徳川家康は、一族を大事にし、対外戦争も行わなかった。
関連記事


[ 2015/07/05 12:40 ] 北条得宗家 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1596-67407112