記事一覧

数えられなかった羊

http://arabic.kharuuf.net/archives/1653

 ここのコラムたまによんでいたのですが、電子書籍化されたようです。

 いわゆる旧来の日本の知識層ってせいぜいヨーロッパのドイツやフランスやイギリス、または、アメリカの輸入しかやっていなかったわけです。(それより大昔は、中国、インドになるわけですが)

 ヨーロッパ以前の世界の覇権を握っていたのはイスラム世界であって、彼らに対抗するために試行錯誤したことがヨーロッパ人の近代化につながったわけですが。

 日本人にとっては、イスラム世界との接点が無かったため、ここの知識がすっぽり抜けていました。加えて、アラビア語やペルシア語の難解さは、文字を覚えることだけでもたいへんでしょう。東京大学の池内恵氏や、同志社の中田考氏こういう人がメディアにでてきて、日本にかけていた知識が輸入されるようになりました。内田樹氏のような人が積極的に中田考氏にからみにいったりしていますし。



 また、ブロガーでも、イスラム的な考え方をするひとが出現してきて、非常に興味深いです。個人的には、ネトウヨのような排他的思想のブログは読む気も起きないですが(そもそも、よくもそんなに日本万歳できるなあーと思いますが)。
 

 個人的に、自分の知識欲が刺激されるのは、このニッチなイスラムの分野です。特に、反欧米・資本主義的な考え方の人が、ソビエト崩壊後にたどりつくのが、イスラムしか無いと思うので、今後も盛んになるのではないかと思います。
 日本のすぐ近くにはインドネシアもあるし、おそらく、イランが経済制裁解除されて大国化して、1億人のマーケットに対して、日本人がどうやってモノを売るかの話になるだろうし、重要な分野ですよね。

ーーー

 話題のイスラム国ですが、日本ではテロ指定されているし、日本がイスラム国に支配されたら、自分は異教徒なので、人頭税を払わないといけないし、酒飲めなくなるし、そもそも、株式投資を認めないであろう時点で、有り得ないですが。

 しかし、そもそものイスラム教に最も忠実な行動をとって、世界中からイスラム教徒がかけつけているわけで、このイスラム国の求心力には驚くしかないです。最近の宣伝動画では、フランスのキリスト教徒が改宗し、イスラム国入りしたことが宣伝動画に使われていたとか。

 http://blog.livedoor.jp/dokomademoislam/archives/33011325.html

 自分はキリスト教徒として生まれ育ち、5年前にイスラムに改宗した。
 きっかけはバイク事故にあったことであり、その後真実とは何かについて探求するようになり、あるビデオをみたことでイスラムこそが真実だとわかった。

 そして地元のモスクに通うようになったが、コーランやハディ―スを学ぶようになってすぐ、フランスのイスラムは偽物であることに気づいた。さらにアラビア半島に行き、そこで入手したムハンマド・ブン・アブドゥルワッハーブの著作を学ぶことを通して、タウヒードやターグートの真の意味を知るに至った。

 フランスはターグートの統治する不信仰の地であり、正しいムスリムはイスラム法によって統治されている地に移住(ヒジュラ)しなければならないと理解し、シリアに移住した。


ーーー

 これもやらせではなくて、おそらくガチなんでしょう。熱心なカソリック信者がイスラム教に転向することは何らおかしくない。キリスト教のイエスは神の子っていう設定よりも、イスラム教の神の声を聞いた預言者の一人という設定のほうが説得力があるし、ストーリー的に納得がいく。イスラム教の設定は、キリスト教よりもわかりやすいんですよね。



 イスラム国は、イスラム教の教えに最も忠実であって、新興宗教とは一線を画す。残虐な処刑行為もすべてコーランに載っている程度のことであって、なんらイスラム法に反する行為ではない。(人質ビジネスもおそらくは合法。初期イスラム帝国と東ローマ帝国では人質の金銭のやりとりはよく行われていたこと)だからこそ、キリスト教を深く学んでいる人が転向してもおかしくないし、伝統的なイスラム世界で世俗的に生まれた人たちが、自分たちの伝統を再考し、イスラム国へ行くのも変な話しではないと思う。しかし、国際的にテロリスト扱いになっているため、日本からイスラム国へ行くとかそういうのは有り得ないわけですが。

 イスラム国は確かに1000年前のアラビア半島の考え方にもとづいているから、野蛮にみえるんですが、後世からみると、キリスト教圏の宗教改革くらいのターニングポイントかもしれない。

 預言者ムハンマドは、たとえ、「中国からも知識を求めよ」といったけど、イスラム国が国家として承認されたとして、次のフェーズで科学技術にターゲットしぼって、イスラム国が科学をさらに発展させるかもしれない。楽観的すぎるか?
 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログランキング参加中

 

プロフィール

ごまお

Author:ごまお
旧ブログ
https://ameblo.jp/g0mao

パフォーマンス(年初比)
2010年 +21.87%
2011年 +5.51%
2012年 +87.23%
2013年 +109.57%
2014年 ー2.06%
2015年 +19.56%
2016年 +29.94%
2017年 +36.77%

検索フォーム

記事(ランダム表示)

投資リンク

アクセスランキング

シンプルアーカイブ

スポンサーリンク