ザッカーバーグは読書会の課題図書にイブン・ハルドゥーン『歴史序説』を指定



 ザッカーバーグが取り上げた課題図書がイブン・ハルドゥーンの歴史序説でした。

 アメリカの最先端の実業家が、歴史序説をとりあげるのが驚きですね。

 僕は全巻読んだことがありますが、その時代背景などや文化を知らないと、かなり読みにくいです。固有名詞がたくさんでてきたり、神をたたえる台詞がまわりくどくて、とっつきにくいです。




 イブン・ハルドゥーン「被征服民は物腰・服装・考え方などあらゆる風俗習慣について、征服民の様子を熱心に模倣しようとする」

 日本とアメリカの関係でも同じことがいえますね。
関連記事


[ 2015/06/11 22:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1582-b1423d6b