パルミラ遺跡の価値

 例えば、日本国内に古代に大陸からの入植者がつくった神殿が現在まで残っているとして(現在の日本にとって、直接的な文化の繋がりは無いとして)、むしろそれが日本の皇室、伝統、歴史、宗教、国民性にとってむしろ否定的な面があったとして、日本人は積極的に遺跡を保護するだろうか?

その遺跡は世界遺産に認定され、世界遺産の観光客相手に商売している日本人はたくさんいる。その遺跡を保護しないと、世界の人から野蛮人だと思われる可能性もある。




 となると、日本人は、平時であれば、その遺跡の維持・管理に努めるだろう。しかし、復古的な運動が起これば、そんな価値観はどこへやら。自分たちの伝統に否定的な面があるその遺跡を必ずぶち壊すだろう。そして、ぶち壊したことに対して、日本人は肯定的な意味で,興奮するだろう。

 イスラム国にとってのパルミラ遺跡をわかりやすく考えてみた。間違いなく、破壊すると思う。
関連記事


[ 2015/05/21 22:17 ] イスラム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1579-4d076c84