記事一覧

明治維新という過ち

 新著でベストセラーということで購入。読了しました。

 感想として、筆者が士族階級の出身で、自分の先祖や戊辰戦争を戦った東北諸藩に強い思い入れがあり、かなり感情的な記述になっていることが気になりましたが、それにしても、幕末の志士を賛美する本ばかりであるなかでかなり画期的な本だと思う。

 太平洋戦争にいたるまでの歴史として、日露戦争以降に急に日本が変質、劣化してしまったのではなく、昭和に入って日本がおかしくなってしまったのではなく、太平洋戦争の帰結は、ある意味当然の結果だと思います。これは筆者に賛同します。日本人は戦争を反省するといって、太平洋戦争だけをとりあげますが、それは大きな間違いで、明治維新そのものを考え直す必要があるのではないかと思う。吉田松陰を神のように祀っているが、昭和の日本陸軍は松蔭の唱えた大陸進出策を忠実に実行しているだけではないのか。彼らには中庸がかけている。

 明治維新にいたるまでの長州の志士、ではなくて、長州のテロリストが行ったテロですが、イスラム国くらい残虐です。要人の家族を殺害したり、手足を切って、家になげこんだりと。また、幕府を挑発するために薩摩が江戸市中で民間人にテロを働いていたり。実際のところは世良修三のような人間が闊歩していたのでしょう。

 それにしても長州のテロリストは尊王といいながら、京都御所に攻め込み、明治維新が成立してからは、朝廷に伝わっていた伝統を破壊し、仏教信仰を破壊しまう。いったいナニが尊王なのだろうか?天皇をさしおいて、偽勅をだすのは尊皇なのだろうか?

 天皇をまつりあげて、独断専行を働いた昭和の軍人たちは、長州のテロリストとそっくりだ。長州のテロリストの偽勅が満州事変や太平洋戦争につながっていたと思う。

 尊皇攘夷につながった水戸徳川家ですが、徳川家の序列でも低く、実質石高も低く、とても貧しい藩だったようですね。そのために、徳川本家をうらみ、尊皇思想に走ったという記述はなるほどと思いました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログランキング参加中


プロフィール

ごまお

Author:ごまお
旧ブログ
https://ameblo.jp/g0mao

パフォーマンス(年初比)
2010年 +21.87%
2011年 +5.51%
2012年 +87.23%
2013年 +109.57%
2014年 ー2.06%
2015年 +19.56%
2016年 +29.94%
2017年 +36.77%

検索フォーム

投資リンク

スポンサーリンク

シンプルアーカイブ

スポンサーリンク