イブン・ハルドゥーン 

 【ジュネーブ共同】各国の世論調査機関が加盟する「WIN―ギャラップ・インターナショナル」(本部スイス・チューリヒ)は18日、
「自国のために戦う意思」があるかどうかについて、64カ国・地域で実施した世論調査の結果を発表、日本が11%で最も低かった。

 欧米諸国が下位に並び、上位にはパキスタンなど情勢が不安定な国が目立った。

 日本に次いで低かったのはオランダの15%で、日本と同じ第2次大戦敗戦国であるドイツが18%、ベルギー(19%)、イタリア(20%)が続いた。

 一方、最も高かったのはモロッコとフィジーの94%で、パキスタンとベトナムがともに89%で上位。

http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015031801000871.html

 軍事兵器がコモディティ化すると、蛮族が世界を支配する時代がふたたびくるのではないかと思う。歴史は繰り返す。ローマが蛮族にめちゃくちゃにされた時代がくるんじゃないのかなあ。
関連記事


[ 2015/03/18 23:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1566-8d411ddf