アメリカは永遠に存続するのか?

 文化的にも軍事的にも圧倒的なアメリカでも、いつかは滅びるときがきます。1000年間続いた東ローマ帝国はオスマン帝国によって、ヴェネツィア共和国はナポレオンによって滅ぼされました。いまはありません。

 東ローマ帝国は穀倉地帯のエジプトと交易都市であったシリアをイスラム帝国に奪われたことによって、国力が衰退。テュルク系国家にじわりじわりと国土を削られ、最後にはオスマン帝国に征服されました。

 ヴェネツィア共和国はいわゆる喜望峰経由の交易が盛んになるにつれ、経済力が衰退。最終的には国民国家を築き上げたナポレオンのフランスによって征服されました。


 アメリカは西ローマ帝国をモデルにしているといわれますが、西ローマ帝国はどうやって滅んだのか?
 北方の蛮族(ドイツ人やフランス人)、パルティア(ペルシア系国家)の2方面の敵に対抗するために、東と西に帝国を分断する。経済の中心は豊かな東ローマ帝国にうつり、西ローマ帝国は経済的に衰退。経済の衰退により、広大な国土を防衛する軍事力を維持できなくなり、蛮族に国土を収奪され、最終的には蛮族に征服されました。

 個人的にアメリカとよく似た国であると思うイスラム帝国(アッバース朝)はどうやって滅んだのか?
 アフリカから連れてきた黒人奴隷を南イラクの農場で奴隷労働させていましたが、黒人奴隷が反乱を起こし、経済が衰退します。イスラム帝国は軍事奴隷を南ロシアの遊牧民を購入し、帝国の防衛にあてていましたが(国民国家ではないので、一般市民が兵士とはならない。周辺の遊牧民に対抗するためには、遊牧民を軍事奴隷として使った。騎射技術は遊牧民がもつ特殊技能であった)、広大な国土を防衛する軍事力を維持できなくなり、遊牧民によって国土を削り取られ、最終的には蛮族に滅ぼされました。


 アメリカは圧倒的な富と文化、軍事力によって、自由と希望の国だという幻想があります。富、文化、軍事力によって、国家としての正統性が担保されています。経済が衰退すれば、その幻想は簡単に崩壊してしまうと思います。経済が衰退すれば国民は余裕がなくなり、文化を担う人材はいなくなり、世界を牛耳るような軍事力を維持できなくなります。
 現在でも、たまに貧困層の暴動がおきますが、おそらくきっかけはこれだと思います。社会保障費の増大で経済が衰退。そして、国家全体が貧しくなって、治安を維持できなくなり、各地で暴動が頻発。治安が崩壊し、南アメリカから不法移民なども流入するでしょう。黒人やインディアン、そして、イスラム教徒、彼らがアメリカの敵となり、内部からめちゃくちゃになると思います。治安が崩壊し、国民が貧しくなれば、自由など社会から消えます。自由とは、富があるからこそなりたつ概念だと思います。
関連記事


[ 2015/01/29 19:37 ] 日本蛮族論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1557-7dcb83ee