漢方とか鍼灸のような東洋医学について

 西洋医学と東洋医学が共存している(大学レベルで研究)のは世界で日本だけらしいです。さきほどテレビ番組で紹介していました。

 西洋医学は古代メソポタミア、古代ギリシア、中世イスラム、近代西欧、人類知の結晶です。データの積み重ねから考察、結論に結びつける欧米的な科学実験の祖は中世イスラムの医学者イブン・アル・ハイサムらしいです。西洋医学は古代ギリシアのヒポクラテスなどの医学書から連綿とつづいており、中世イスラムの科学者はそれに注釈をつけて、それ書物が西欧にわたり現在にいたっています。

 東洋医学には基本的には科学実験をしてデータを積み重ねて、結論にいたるという手法がありませんでした。気の力や経絡といった証明できない精神世界に依存していると思います。大学レベルでは薬草の科学的成分をしらべたりしているのでしょうが、新しい発見があったら西洋医学に転化されるでしょう。

 結局のところ西洋医学で治療できないことは、漢方や鍼灸では治らないと思います。
関連記事


[ 2014/04/13 02:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1454-62177e13