靖国神社参拝

靖国神社の首相公式参拝は不要だったと思います。

太平洋戦争は回避できた戦争で、旧日本軍の首脳部は日本国民を不幸にさせた責任がある。アメリカに裁かれた戦犯は責任がある。当然のことながら昭和天皇も責任があったと思います。

敗戦に導いた軍首脳部がまつられている神社を公式にまつる必要はない。

そもそも靖国神社なんてものは日本の伝統ですらない。明治に創作されたしろもの。天皇は代々熱心な仏教徒であった。

末端兵士に同情して、彼らの大義名分を守ろうという意見もあるかもしれませんが、彼らは平和の時代をのぞんでいるのではないか。


なんだかんだいって、現在の日本の政治体制をつくったのはアメリカだし、旧日本軍の幹部よりもマッカーサーのほうが日本の繁栄に貢献しているんですよね。
それを屈辱と思う勢力もいるかもしれませんが、ほとんどの国民は現状維持で満足しているでしょう。

戦後レジームからの脱却なんて誰も望んでいなくて、80年代の世界一の経済大国だったころの日本を皆のぞんでいるんでしょう。だからこそ、安倍さんのアベノミクスが支持されたのであって。
安倍さんは現実路線でいくべきです。
関連記事


[ 2013/12/28 18:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

1. 無題

すごくいい意見だと思います。
ごまおさんがんばれ
[ 2013/12/29 07:27 ] [ 編集 ]

2. 無題

太平洋戦争はどのように回避できたとお考えですか
[ 2013/12/30 08:38 ] [ 編集 ]

3. Re:無題

>ぴよたんさん
アメリカと満州鉄道を共同経営する。中国権益を独占しなければ戦争なんておきません。
[ 2013/12/30 09:34 ] [ 編集 ]

4. 無題

おもしろい
その柔軟な姿勢に脱帽です

世論は戦争は不可避だったという前提条件がおおいので
ごまちゃんのアイデアには新しさを感じています

イスラームの記事といい、今年は勉強になりました
どうぞ良い年を
[ 2013/12/30 15:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1442-5a3079d5