中国の時代

香港紙・文匯報は、中国の長距離地対空ミサイル・システム「紅旗-9」の100%の命中率が欧米の武器商人たちを驚かせていると報じた。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

トルコ国防省は9月、中国企業の「紅旗-9(HQ-9」の輸出型FD-2000が、同国の長距離地対空ミサイルシステムの入札を勝ち取ったと発表した。これには欧米の武器商人が大騒ぎしただけでなく、波紋は西側の政界や軍事、科学技術界にまで広がった。入札には、米国のパトリオットやロシアのS-300、フランスとイタリアが共同生産したアスターなども参加していた。

トルコの入札で負けたことがよほど屈辱だったらしく、欧米の武器商人たちは中国が米国のミサイル技術を盗んだ、「紅旗」はロシアのS-300の模倣品だ、などと攻撃し始めた。だが、「紅旗」の100%の命中率や独自の技術を公開した後は、攻撃者たちはこちらが反撃しなくても自ら自滅した。

トルコは中国のミサイル技術を導入することで、防空能力が飛躍的に向上するだろう。もし米国製品を買っていれば、価格が高いだけでなく、関連技術を獲得することも永遠にかなわなかった。永遠に傲慢な米国人に関連技術分野の外においやられたままだっただろう。

(編集翻訳 小豆沢紀子)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131022-00000000-xinhua-cn
関連記事


[ 2013/10/22 07:06 ] 香港株投資の記録 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1431-f6a4acae