アフリカ大陸からの初の関取

 大砂嵐がアフリカ大陸からの初の関取(十両)ということで報じられています。

 エジプトだからアフリカっていうのが日本人のイメージだけど、イスラム教徒にとってはサハラ砂漠より南(ブラックアフリカ)はアラビア語も通じない別世界です。イスラム教徒にとってサハラ砂漠以北(ホワイトアフリカ)からシリアやイラクやアラビア半島までは世界はひとつです。

 日本人とってみると、エジプトはアフリカでピラミッドっていうイメージですが、カイロっていうのはイスラム教文化の中心都市であったわけで、いまでもアズハル大学にインドネシアふくめて世界中の人が留学している国です。現地のイスラム教徒にとってはピラミッドにそこまでの思い入れなんて無いと思うんですよね。単なる観光名所であって。自分たちイスラム教徒が関与していない歴史の遺物にどこまでの思い入れがあるのやら。はっきりいって僕はエジプトに行ってみて、ピラミッドよりもムハンマドアリーモスクのほうが感動しましたもんねえ。。

 大砂嵐の化粧まわしはピラミッドの図柄でもいいんですが、イスラム的な幾何学模様がいいと僕はおもいますね。
関連記事


[ 2013/05/31 07:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

1. 無題

じゃあ今のイスラムの中心地はどこですか
経済的にはもう底辺に近いように感じますが
昔は白人の奴隷も扱っていたらしいですね
[ 2013/06/02 19:39 ] [ 編集 ]

2. 無題

欧米がアラビア湾岸に傀儡国家つくったので経済的には彼らが突出していますが、文化的にはカイロとイスタンブールでしょ。サウジアラビアなんてオスマン帝国にいちどは滅ぼされた王国だからなあ。
[ 2013/06/03 07:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1417-453985dc