ネットによるコミュニケーション

 先日、はじめてどくおと会ったわけだが、まあ、すごいいい奴で会ってよかったと思えたわけで。2ch世代の僕としては、ネットで会うことにはかなりのためらいがあったんだけど、ネットである程度互いに知り得た仲で信頼できる人間ならば、積極的に会っていったほうがいいのかなあと思う。そもそも、リアルで知り合える人間なんて限られているわけで、互いの趣味とか思想が一致するってのはかなり難しいわけだよな。地域や学校が一緒ならば同じような考え方を持ちやすいけど、今はネットによって情報を得やすくなったわけで人の趣味は多様化しているわけだ。そういうわけで、ネットはスゴイ可能性を秘めたツールなんだと今更ながら思った。

 日本は完全匿名のネット社会が一般的だったけど、今後は徐々に欧米型に近づいていくんだと思う。少なくとも2chみたいな完全匿名ではなくて、ハンドルネームを公開したものが一般的になっていくと思う。そういう意味ではツイッターがいちばん日本の事情に適しているのかもしれないなあ。そのほうがオフで連絡とりやすいし、個人のパーソナリティがわかりやすいから。

 それに加えて英語ができれば世界中の人間とコミュニケーションができるわけで、これってスゴイことなんだよな。ガチでそう思う。

どくお http://ameblo.jp/doku0/
関連記事


[ 2011/10/02 18:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1327-19ebef87