カラ・ムスタファ・パシャと菅直人

 オスマン帝国の第二次ウィーン包囲の指揮官カラ・ムスタファ・パシャ。ウィーン包囲に失敗するも、ベオグラードで神聖ローマ帝国の迎撃体制を整える。しかし、政敵がイスタンブールのスルタンに讒言(ざんげん)。カラ・ムスタファ・パシャは斬首され、首を剥製にされたという。
 カラ・ムスタファの死後、指揮官を失ったオスマン帝国は神聖ローマ帝国に敗戦を重ねた。さらにヴェネツィアとロシアが神聖ローマ帝国側に加わり、16年に及ぶ戦争の末カルロヴィッツ条約とコンスタンチノープル条約が結ばれ、オスマン帝国はハンガリー、クロアチア、ポドリア、アゾフを失った。

 人間とは欲深いもの。本来の目的を忘れて、身内の足をひっぱって身内の不幸に満足する。菅さんと日本がカラ・ムスタファ・パシャやオスマン帝国のような目にあわないことを願う。
関連記事


[ 2011/06/23 21:54 ] 東日本大震災の記録 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1300-1a34c895