記事一覧

イスラム拡大の原動力になったお金

 ● イスラームの富  (( )内は、当時の労賃などを基準に、銀1g=3000円、金1g=3万円で評価した現代での価値)
  636年、イスラームがクテシフォンでササン朝から得た戦利品、90億ディルハム(2.6万トン)  (78兆円)
  750年ころ、アッバース朝の税収入、3~4億ディルハム(殆どが国内の異教徒の農民からの地租)  (3兆円)
  800年ころ、アッバース朝がビザンチン帝国から受け取った和解金、30万ディーナール  (380億円)
 1018年、ガズナ朝がインド遠征で略奪した戦利品、1000万ディルハム  (900億円)
 1250年ころ、女性スルタン、シャジャル・アッドゥッルがルイ王らの十字軍捕虜を釈放したときに得た身代金、80万ディーナール(1000億円)   ヨーロッパ側の記録によると、40万リーヴル(1200億円)
 1324年、マリ帝国のマンサ・ムーサ王がメッカ巡礼のときにばらまいた金、ラクダ100頭分、約13トン (3900億円)
 1643年、タージ・マハルの建設費用、500万ルピー (1700億円)
http://homepage3.nifty.com/~sirakawa/Coin/A015.htm

 ササン朝ペルシアから得た戦利品が78兆円ですかww 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログランキング参加中


プロフィール

ごまお

Author:ごまお
旧ブログ
https://ameblo.jp/g0mao

パフォーマンス(年初比)
2010年 +21.87%
2011年 +5.51%
2012年 +87.23%
2013年 +109.57%
2014年 ー2.06%
2015年 +19.56%
2016年 +29.94%
2017年 +36.77%

検索フォーム

投資リンク

スポンサーリンク

シンプルアーカイブ

スポンサーリンク