ハディース 「腹を立てないことと天国の付与」

 たまにイライラしてしまうことがあるんだけど、そういうときはハディースを思い浮かべようと思う。自己啓発本みたいな胡散臭いのは自分のなかで受け入れられないけど、ハディースは受け入れられる。なぜならば、イスラム世界で1000年前から支持されている道徳の教科書みたいなもんだからね。

http://www.aii-t.org/j/muslim/hadith/16.htm
 
 ハディースが面白いのは、そのエピソードが何に由来するかということをトレースしていること。つまり、誰の伝承なのかということまで調べているわけ。こういうところが、日本とは全然違うなあと思うわけですよ。


4 怒りの感情は悪の根源で、それを遠ざけることが善へつながる。

質問者がこの預言者のアドバイスを受けた時、彼は2,3回、そしておそらくそれ以上同じ質問を繰り返しました。というのも、この質問者はよりアドバイスを得ようとしていた、あるいは、この短い言葉だけでは不十分だと考えたからです。ですが、預言者は同じ答えを言い続けました。つまり、このアドバイスをきちんと理解し、それを実行に移すことが出来たのならば十分だ、と考えていたからです。
みなさん、よく考えてみてください。多くの悪が怒りからうまれてくるとすれば、逆に、それ(怒り)を押さえれば、あなたは善いものだけを得ることができるはずですよね?!


5 怒りは弱さの表れであり、寛容さは強さの表れである。

怒りっぽいことと、怒りの感情に流される者は、たとえ強靭な、健康な肉体をもっていたとしても弱い人間です。

アルブハ―リとムスリムの伝承によると、アブーフライラは言いました。預言者は次のように言いました。「強いものとはけんかに強い者ではない。本当に強い者とは怒った時に自分を押さえることが出来る者である。」


6 怒りの影響

怒りとは悪い性質の一つで、もし人間がそれに従えばその悪い影響はすぐに個人にそして社会へと出てきます。

個人への害:肉体・人格・信仰においてその影響はでてきます。みなさん怒っている人を想像してみてください。その人の顔色は変わり、青筋をたて、身体は震え、言葉もどもったり舌がもつれたりします。そして悪口をいい、それはおそらくハラームの言葉であったり、あるいはそれがイスラームへの背信行為につながるものであったりします。またその者は財産を投げ捨てたり、自分を傷つけたりします。

社会への害:心に憎しみを生み、また悪が広まります。友人間に敵意と憎悪が広がり、親類においてはその関係が断ち切られ社会が崩壊します。


7 怒りを避ける方法、または治療法

怒る事は人間の本質の一つですが、ムスリムは怒りの感情に身を任せることはしません。怒る事の原因となることを避け、もしもそれが起こったらすぐに治療し、怒りを静めます。

怒りの原因:人々に対する高慢さ、自慢、ひとを馬鹿にすること、嘲ること、冗談の言い過ぎ、論争、干渉と介入、財産と地位の追求などがあげられます。これらの悪い人格はムスリムには相応しくありません。

治療:

* 優しさ・気の長さ・忍耐などのよい人格を身につけることです。

あるサハーバは彼がムスリムになる前、預言者ムハンマドの預言者性を確かめるためにムハンマドに質問をした。このとき彼は本物の預言者であるならば、彼の気の長さは怒りに優るという性質を持っているということを知っていた。そのため、わざと彼は預言者ムハンマドにもっともひどい方法でイスラームについて尋ねた。同席していたウマルは彼を脅かしたがそれに対し預言者は私たちも彼と同様にイスラームを必要としていたと言い、ウマルとこの男に礼儀を教えた。


* 怒った後の結果を考えて怒りを押さえます。あるいは次のクルアーンの節を思い出して怒りを押さえる事の徳を思い出します。

アルクルアーン アーリ イムラーン章134節『怒りを押さえて人々を寛容する者、本当にアッラーは、善い行いをなす者を愛でられる。』

* イスティアーザ(アッラーに悪魔よけを願うこと)を行います。つまり「アウーズ ビッラーヒ ミナッシャイターニッラジーム」と言います。

アルクルアーン アルアアラーフ章200節『また悪魔からの中傷があなたを悩ました時は、アッラーの加護を求めなさい。』

* そのときの状態を変えます。つまり立っていた人は座り、座っていた人は横になるのです。

アハマドの伝承によると預言者は言った。「あなたがたが怒った時に、立っていたら座りなさい。おそらく怒りは消えるでしょう。あるいは横になりなさい。」

* 黙ります。

アハマドは伝えています。「怒った時には黙りなさい。」

* ウドゥーを行います。

  アハマドの伝承によると預言者は言いました。「怒りはシャイターンから来るものである。シャイターンは火からつくられている。ですから怒った時には水でウドゥーをしなさい。」
関連記事


[ 2011/04/15 20:23 ] イスラム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g0maostock.net/tb.php/1271-7e2edaf8