スポンサーリンク
2017/11/20

大相撲の暴行事件問題

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ニュース報道で知りましたが、世間の感覚とずれているような気がする。

先輩に生意気な態度をとったとしても殴ったら駄目だろう。素手であろうが、ビール瓶であろうが。相撲という競技外や練習時間外では、力士に張り手をしたら駄目だと思う。

生意気な態度をとったら、言葉で諭すしかないだろう。もしくは相手にしないか。


先輩が生意気な後輩を殴ってこらしめたという図式なら、問題無いという風潮はどうかと思う。しかも相撲協会は競技外での暴力についてなんらの指導もしない様子。あまりに前近代的すぎる。

むしろ、相撲という競技で先輩後輩も無いと思うが。勝てばいいだけ。ボクシングや総合格闘技はそんな挑発日常茶飯事である。

暴力をした力士は解雇が妥当だし、それを隠蔽しようとした人々もなんらかの罰がないと、納得しないのでは?相撲の常識は世間とずれすぎている。

コメント

非公開コメント

本質

ごまにいの社会学は超1級だと思う。
事件が内包する社会の歪みを取り出すのが上手い。
ロジカルシンキングなので投資家なら腑に落ちる解説。