2017/10/07

アメリカの不動産検索サイトzillow

スポンサーリンク




にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
アメリカの不動産検索サイトのzilowをみてみましたが、たしかにこれは日本の不動産サイトとは全然違う。

・地図から物件を探すことができる。
・物件問い合わせは不動産会社ではなくてエージェントの実名が登録されており、エージェントの顔写真が掲載されており、安心感がある。

日本の不動産サイトは遅れている印象を受けた。

SnapCrab_NoName_2017-10-7_7-32-55_No-00.png

他社のHOMESやSUUMO、athomeにくらべて、オウチーノは事業者用の物件は扱っていなくて、いちばんユーザー目線のサイトになりつつあると思う。他社は同じ物件でも不動産会社毎にバラバラに登録されるため、物件数が多いといっても重複カウントされている。オウチーノはスマホサイトでは重複カウントされないようになっている?少なくとも1つの物件があってその下の階層に不動産会社が複数繋がる仕組みになっているようである。また、建築家オウチーノは他社には無いオウチーノだけの強みである。

Zillowが日本で受け入れられるというと、あのままでは難しいと思う。日本はオウチーノがやってくれるはずである。

「価格.COM 賢者の買い物」を読んで、経営者としての穐田さんに対する信頼がますます深まった。待つしかねえのである。

コメント

非公開コメント