メジャーとマイナーの違い

プロレス好きの私は過去のプロレス動画をyoutubeでよく観ています。

いわゆるメジャー団体のメインイベンターだったプロレスラーは、華というか存在感があります。

橋本真也はさすがに新日本プロレスのメインイベンターだけあって、印象的な技を要所に組み入れて、試合をわかりやすくしています。試合中盤で繰り出す「水面蹴り」、「フライング・ニールキック」は観客をあっといわせる。ただのデブじゃねえなと思わせる。

そして終盤の「垂直落下式DDT」。しばらく静止して間があることで必殺技という説得力がでてくる。

橋本真也の試合を見ると、流れがとても分かりやすいので人気がでるのがわかります。こういう技は会社や同僚からのアドバイスがあると思いますが、基本は自分で考えると思う。橋本は自分の魅せ方をうまく分かっている頭の良い選手だと思いますね。

マイクパフォーマンスもとてもわかりやすい。

橋本がタレントの結婚式のスピーチで挨拶している動画もありますが、招待客の笑いをとる微妙にエロを交えて、笑いを生み出していた。スピーチって実はとても難しいもので、場慣れしていないと上手く話せないものです。

メジャーといわれる人々は観客の心をつかむ能力に長けています。そして、存在に華がある。そして、度胸があって、大観衆の前でも緊張したり怯えたそぶりをみせない。また、喋りが上手い。学校の勉強はできないかもしれないけど、頭は良いと思う。

橋本真也が天山広吉にスズメを食わせたというエピソードがあったり、まあ、滅茶苦茶なエピソードばかりですが、度胸がすわっていて、常識は無いのだろうけど、いわゆるエンターテイナーとしての才能はすばらしいものがあると思う。

当時はUWFに感情移入していましたが、今から思うと、橋本とか武藤といったメジャープロレスラーの凄さがよくわかる。


無理やり企業に結びつけると、メジャーな存在に成長しそうな企業とマイナーな存在のままであり続ける企業の差もわかるようになってきた。それは中長期的な計画の有無である。マイナーな企業は計画が無く、思いつきで事業をやっていることが多いと思う。メジャーな企業は橋本が試合を組み立てるように、今後の計画をうまく組み立てているわけである。マイナーな企業は、いわば技を思いつきで乱発してしまうのである。また、メジャーな企業はIRの出し方もうまい。マイナーな企業はIRを出すのが下手で、乱発したり、まったくIRを出さなかったりする。IRをマイクパフォーマンスと思ってください。
関連記事


[ 2017/09/30 17:32 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する