2017/09/10

ビジネスに役立つ「商売の日本史」 藤野 英人

スポンサーリンク


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
レオス・キャピタルワークスのファンドマネージャー藤野英人氏の著書『ビジネスに役立つ「商売の日本史」 』。
日本にはたくさんの歴史本が出版されていますが、経済から語る本は少ないです。批評の範囲で引用します。
この本は、経済が好きな人にはお勧めです。



私は歴史というものは、経済によって大きく左右されると考えています。政治的イデオロギー、主従の美談、武士の勇猛さ、等が巷では盛んに語られますが、人間は損得勘定で動きます。建前的な大義名分を公言し、裏では損得で相手を懐柔する。
歴史の大きなウネリも庶民や支配層の経済的な損得勘定によるところでしょう。「革命」にしろ、既得権益者を妥当し、自分たちが利益を独占するのが経済的な目的です。自分たちを利するところがなければ、人は動かない。歴史は経済から語られるべきだと思います。
成功する政治家は、大義名分だけでなく、自分たちに従うと大きな利益があると匂わせ、実際に利益をうまく分配する人々だと思う。歴史的に、後醍醐天皇は天皇親政という大義名分があったが、天皇親政という政治的イデオロギーだけでは人はついてこない。足利尊氏は武士に利益を分配することを約束し、実際に彼らに利益を分配したことで、武士たちは彼らに従った。


太平洋戦争中の株式市場についての記述も興味深いです。戦争の悲惨さが語られるとき、どうしても人の生き死にがクローズアップされますが、財産を失うということも人の生き死にを同じくらい悲惨なことだと思います。

太平洋戦争中は市場関係者が徴兵されてしまい、また、政府が市場をコントロールしようとしたため、株価は低迷したようです。人々に余裕が無いと、株式市場は健全にならない。戦争に突入したことで、資産家は財産が大きく目減りしたことでしょう。

実際に、日本が太平洋戦争みたいな国家総力戦を再び行ったとするとどうなるのか。庶民は徴兵されてしまい兜町からは人が消えて、株式市場は政府に完全に支配され、自由な売買ができなくなる。市場は活気を失い、大暴落。現在なら追証祭りとなり破産する人もでてくるだろう。

SnapCrab_NoName_2017-9-10_5-52-43_No-00.png

株ニートや配当金生活なんてものは不可能になりますね。戦争なんてまっぴらゴメンです。

コメント

非公開コメント