2016/09/04

シン・ゴジラ

スポンサーリンク




にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
シンゴジラをみました。日本人の間でこれが話題になっている理由がわかりましたね。福島の津波や原発事故を思い出させるからです。
津波で人や建物や車が流されていく恐怖や、延々と会議できめようとする日本の官僚や政治家の無能さが描かれていました。
最後はゴジラを無事にやっつけることができるので、一応ハッピーエンドでした。

しかし、自分としては、福島の津波や原発事故を描いているとしたら、ゴジラは自衛隊や米軍の攻撃をすべてはねのけてしまうが、そのあと海へ引き返していくくらいの描写でもよかったのではないかと思いました。人智を超えた恐怖を描くのが今回のテーマだとしたら、そういう結論でもよかったのではないかと。そして、ゴジラが去った後に残った放射能汚染を主人公や官僚たちが除染するというストーリーのほうが現実感があったのかと。

ーー
追記
実際の福島原発事故では今回ののように政治家たちは全く協力せずに菅直人おろしに走り、政争の道具として扱った。野党の国難を政争の道具とする姿も描けば、なおよかったかも。そして、実は数年前に謎の生物がみつかり国会で取り上げられたにもかかわらず、政府が何の対策もしていなかったことを映画中で揶揄してやればよかったかも。

コメント

非公開コメント