日本和装購入

日本和装購入しました。1000株。

日本和装は先日、株主優待を大幅に拡充しました。また、業績も好調です。

株価が大きく上がれば利益確定。株価が横横なら、優待と業績期待でしばらく保有するつもりです。


公式ホームページには動画も掲載しており、優待に力を入れているのが伺えます。



[ 2018/06/22 06:45 ] 日本和装 | TB(-) | CM(0)

相続見直し民法改正案 今国会成立へ

 相続分野の規定を約40年ぶりに見直す民法改正案など関連法案や受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案が今国会で成立する見通しになった。7月22日まで32日間の会期延長が決まり、審議の日程を確保できるためだ。両法案は衆院本会議で6月19日に可決し、参院に送付した。参院で野党第1党の国民民主党は両法案の衆院の採決で賛成している。

 民法改正案など関連法案は、残された配偶者が自身が亡くなるまで今の住居に住める配偶者居住権を新設するのが柱だ。住居や生活資金を確保しやすくなり、生活に困窮するのを防ぐ。婚姻期間が20年以上の夫婦の場合、遺産分割で配偶者を優遇する規定もつくる。「自筆証書遺言」を全国の法務局で保管できる制度もつくり、遺言をめぐるトラブルを減らす。

2018/6/20 20:00日本経済新聞 電子版


相続に関して法改正がなされるようです。

オウチーノは新事業として、相続に関するビジネスをはじめています。今回の法改正を見越したものでしょう。

オウチーノはみんなのウェディングと合併します。みんなのウェディングの社長石渡進介氏は弁護士です。
法の専門家である石渡氏が経営陣にいることは、オウチーノにとって強みになると思います。

オウチーノを保有する最大の理由は、穐田氏が経営陣にいるということ。穐田氏は新興企業を軌道に乗せるテクニックを持っていると思う。オウチーノは時価総額100億程度では終わらない考えている。投資は自己責任で。

SnapCrab_NoName_2018-6-21_19-35-29_No-00.png



関連記事
[ 2018/06/21 19:41 ] ★オウチーノ | TB(-) | CM(1)

ブログのテンプレート変更

ブログのテンプレートを変更し、ブログの見た目を大きく変えました。

これまでのデザインは、黒背景でオレンジの文字色。クールさと怪しさを意識した謎デザインでした。しかし、ブログは基本的には白背景が読者は読みやすいようです。

かつて存在した侍魂等のテキストサイトがありましたが、黒背景でした。最近流行りのブログはほとんど白系背景ですね。自分も流行に乗ってみました。

ブログのデザインが向上すると、ブログ更新のやる気もでてきたわけで。。さっそく日記書いています。

関連記事
[ 2018/06/21 06:17 ] ブログ運営 | TB(-) | CM(0)

コインチェック再開いよいよか?

マネックスグループは本日好調。600円回復。

コインチェック再開を見越した買いだと思われる。6月中の再開は本当なのか。。待つしかない。

関連記事
[ 2018/06/20 18:13 ] ★マネックスグループ | TB(-) | CM(0)

タイラー・コーエン 「日本に中華料理が広まるようになったきっかけ」

タイラー・コーエン 「日本に中華料理が広まるようになったきっかけ」
2014年5月21日 by hicksian leave a comment
●Tyler Cowen, “The history of Chinese food in Japan”(Marginal Revolution, May 25, 2008)

このように日本人の間で餃子は大きな人気を集めるようになったわけだが、中華料理が日本に広く普及するようになったのはずっと昔に遡る。そのお膳立てをしたのは1860年代に横浜や長崎、神戸といった都市に足を踏み入れた多くの西洋人たちだ。1871年に日清修好条規が締結されるまでは中国人は日本に滞在する法的な権利を認められてはいなかったが、西洋列強の庇護の下で中国人も西洋人とともに日本に足を踏み入れることになったのである。西洋の商人たちは家事や(元々は中国の沿岸で行っていた)商売をやりくりする上で中国人スタッフ――使用人や事務員、仲買人――に大きく依存していたのである。(日清修好条規が締結されて以降の)1870年代~80年代に入ると、中国の商人たちも日本に続々と進出し始め、開港場に設けられた外国人居留地の滞在者の過半数が中国人で占められるようになるまでそう時間はかからなかったのであった。

これはKatarzyna J. Cwiertkaによる『Modern Japanese Cuisine: Food, Power and National Identity』の中から引用したものだ。この本を読んで私が学んだことの一つは、日本において「国民食」(national cuisine)なる存在が生み出される上で戦争体験がどれだけ大きな影響を持ったかということだ1。例えば、戦前の日本の田舎の多くでは醤油やお米は食卓を飾るありふれた存在ではなかったのだ。

元記事サイト

関連記事
[ 2018/06/20 06:47 ] 文明論 | TB(-) | CM(0)

日本がローマ文明(アメリカ文明)を捨て去ったら・・・

アメリカが与えてくれた文明が日本から消え去ったら・・・恐ろしすぎる。

あらゆる先進的な文物はアメリカが与えてくれたもの・・・。

日本からアメリカ由来のものが無くなったら、庶民は権力者の都合の良い駒となり、人権も考慮されず、科学的なモノは廃れ、迷信・占い・精神主義・男女差別・天皇万歳・排他主義・神道・こういうモノが主流となる。


恐ろしすぎる。

本当にローマ帝国が去った暗黒ヨーロッパみたいになる。

蛮族(日本)はローマ文明(アメリカ)を与えられただけ。文明を紡ぎだす努力をしてこなかった。アメリカから与えられた文明を守らなければいけない。


憲法9条の人々は、色々批判もあるけど、アメリカからもらった文明を守ろうとしているのだと思うよ。ワイは気持ちがわかるね。日本万歳教の人はちょっとどうかしているとマジで思う。

関連記事
[ 2018/06/19 22:31 ] 文明論 | TB(-) | CM(0)

日本は、ローマ人では無い。

日本は敗戦後からの奇跡の経済復興を成し遂げ、有頂天になってしまった。

しかし、その経済復興は東西冷戦、朝鮮戦争といった事象が重なった国際政治の都合によるものである。西側諸国は日本の経済復興を後押しした。。


1980年代は日本が世界一だともてはやされたが、ソビエト連邦が瓦解し、東西冷戦が終結すると、日本は西側諸国にとっては目の上のたんこぶとなった。


この世界はローマ人(米英中心とした国際秩序)が支配している。日本はアメリカから文明を与えられた蛮族である。

蛮族はローマ人が築いた国際秩序の枠組みで物事を考えるべきだし、その枠組みを逸脱してはいけない。ローマ人が築いた文明は蛮族が築いた文明よりもあらゆる面で優れているから。

ローマ人が築いた文明は圧倒的に素晴らしい。圧倒的に素晴らしいからこそ、世界中に文明は伝播していく。

蛮族の文明は伝播していかない。普遍性の無い蛮族の文明は、蛮族にしか通用しない。



関連記事
[ 2018/06/19 19:50 ] 文明論 | TB(-) | CM(0)

暴落

2018/03/24ぶりの暴落。
ポートフォリオは大打撃。。。

アメリカと中国の貿易戦争、メルカリ上場で資金がメルカリに集中したか?

SnapCrab_NoName_2018-6-19_19-23-35_No-00.png


関連記事
[ 2018/06/19 19:26 ] 暴落(2018年) | TB(-) | CM(0)