鎌倉府の足利家末裔 足利頼氏

室町幕府の足利尊氏は子供(母は鎌倉北条家の最後の執権:北条守時の妹)に将軍を継がせ、弟の血統は関東支配を行った。それが戦国時代の足利家の分家(小弓公方家、古河公方家)である。

 

室町幕府将軍足利義教の時代に、義教が暗殺されたことがきっかけで(嘉吉の乱)、関東の足利氏の権威は低迷していき、落ちぶれることになった。そして、鎌倉北条家とは何の関係ないと思われる後北条家なる一族が台頭し、関東は北条王国になるのである。

 

信長の野望・創造 戦国立志伝 

足利頼氏は小弓公方家という落ちぶれた足利分家の人です。信長の野望でプレイすると雑魚すぎてどうしようもないです。統率1です。。

 

この人の父親は足利義明は後北条家との戦で敗死。里見家に保護されたようです。そして、足利義明の娘と里見家が婚姻関係にあったとwikiに書いてありますね。里見八犬伝の伝説もこのあたりが起源なんだろうか。

 

頼氏のお姉さんが秀吉の小田原征伐で一夜をともにし、それで関東足利家を復興させたらしい。秀吉は子供を期待していたらしいが、子供はできなかった。ここで子供ができていたら、足利家の血を引きますから、嫡男としての正統性は抜群です。いくら主筋の織田信長の血をひく淀殿とはいえ、信長も生まれは下賎であり(尾張守護の斯波氏の代理である織田家のその重臣筋)はっきりいって淀殿もただの側室で終わっていたのでしょう。

 

足利家の血筋だったら将軍に相応しいので、秀吉の政権構想も室町幕府の真似になっていたんでしょうね。

 

秀吉としては、主君の織田信長の政権を簒奪し、側室や息子をひどい殺し方で殺したこと、自分も部下にいつ裏切られるかと実は不安だったと思う。だからこそ、足利将軍の血筋にこだわったんだろう

足利将軍の血筋をひいていれば、信長よりも自分のほうが正当性があるから、気分的に楽だったのでは。

 

 

 



関連記事
[ 2016/05/29 00:11 ] 日本史 | TB(0) | CM(1)

必要な情報と、不要な情報

 自分は人の銘柄を真似して買うコバンザメ投資法が主なのですが、自分でその銘柄を調べれば調べるほど、疑念がわいてすぐに売ってしまいます。よさそうだと思って買って、調べて、やっぱり止めておこうというのがほとんど。

 

 例えば、アイスタイルはかなりいろいろと調べたのですが、決算説明資料でアイスポットという新事業について、市場規模が小さすぎて僕には無駄に思えました。アットコスメそのものは利益でておらず、むしろアットコスメの実店舗で利益が上がっている状況。そして、中国事業ではテレビを使って広告しているけど、その費用負担が大きい状況でした。自分は、アイスポットなどの多角化は売上を伸ばして決算をよくみせたいがために、無理やり計画にねじこんでいるのではないかと思い売りましたが、そのあと、アイスタイルは大きく上昇しました。アイスタイルはPER5~6倍くらいだったと思います。

 

 アイスタイルを持ち続けられるとしたら、事業を細かく精査するというよりも、俯瞰的に、事業全体像を見ることができる感性が必要で、ザックリした全体像の成長性や独自性からしたら、小さな不安点は無視するべきだったのかもしれません。自分の企業分析はネガティブな粗さがしに終始していたようです。

 

 また、テンポスバスターズもかなり自信がありましたが、有名投資家のツイートをみて、自信がなくなり、そうそうに利益確定していまいました。

 

 自分は多くの局面で正しい感性をもっていたのですが、花壇から花を引っこ抜くことが多々ありました。

 

 クックパッドについても売ってしまった。しかし、これは今のPERがまだ割高感があるからと、時価総額が大きいと感じたからです。しかし、カカクコムなどは1兆円の企業にまでなりましたし、現在の2000億円の時価総額がむしろ小さいかもしれない。

 

 不要な情報にまどわされないために、企業や現在の市場の全体像を俯瞰して、判断できるようになるのが、自分に必要ではないかと思いました。



関連記事
[ 2016/05/28 08:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

クックパッドのライバルallrecipes.com

allrecipes.comが事業展開する地域。

スペイン、アラビア圏は歯抜けになっている。

allrecipes.comの勢いがないところを重点的に攻めるのだろうか。早くしないと彼らが展開してしまう。穐田氏と対立してまで、行動を起こしたことには理由があると思う。

 

こういうのは先行者利益が大きいから、先に知名度を上げたものの勝ち。

 

http://allrecipes.jp/advertisewithus.aspx

 

Allrecipes(オールレシピ)は、世界最大のオンラインフードコミュニティサイトとして、皆様に楽しい料理生活を提供することを目的に展開されてサービスでございます。毎年4億人以上のユーザーが、正統で信頼できるコミュニティのAllrecipesサイトを通じて、多様な料理アイデアと経験を共有しています。Allrecipesは、23ヶ国、12言語で展開する18つのウェーブサイトで、世界中のおうちシェフに新しい料理世界を紹介しています。



関連記事
[ 2016/05/16 21:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

クックパッド創業者佐野氏が穐田氏と対立した理由

佐野氏は2012年、社長職を穐田氏に譲り、海外戦略を促進。だが、結果は厳しく、米国のレシピサイトや、自動販売機で野菜を売る新事業などは、いずれも難航していた(今年2月に減損処理を実施)。

そこで、米国など海外レシピサイトへの追加投資を主張したところ、取締役会で拒否されたことが主因だったとみられる。前社外取締役の岩倉正和弁護士は株主総会で「米国の事業がうまくいかないので資金を融通してほしい、という依頼を経営陣が拒否したのが発端」と明かした。

http://toyokeizai.net/articles/-/114047?page=2

 

つまり、佐野氏の一連の行動は海外展開のための投資を拒否されたことが原因。みんなのウェディングを買収する金があるのだったら、海外展開に先行投資しろよっていうことでしょう。全然変な話じゃない。

 

http://forbesjapan.com/articles/detail/10646

ドイツ銀行東京支店のアナリスト風早隆弘氏は、クックパッドの目を見張る成長が、日本が抱える根本的な問題への答えになるとしている。「日本の主婦は総体的に社会とのつながりを失いがちですが、クックパッドはそんな女性たちに様々な機会を提供することができます」

 

インドネシアやアラビア圏などの保守的地域でクックパッドが伸びているのは理由があるのかも。女性の社会進出が進んでいない地域で伸びやすいのだろうか。



関連記事
[ 2016/05/16 20:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

クックパッド

主力をクックパッドにしました。

 

クックパッドは業績好調にもかかわらず、株価は下落しています。

理由は多角化経営を進める会社方針を改めて、創業者が経営に大きく関与するようになったことです。特売情報などは子会社化し、レシピサービスに注力するということ。

 

クックパッドの本質は変わっていないのに、お家騒動的にネガティブに報道されることで、株価が大きくさがったので、ここは買いだと判断しました。

 

クックパッドは日本では独走状態で、今後もライバルはでてこないと思います。また、海外展開も数年前からはじめていますが、スペイン語圏やインドネシア語圏、アラビア語圏で、利用者が増えています。将来、各国のリアルタイムの人気メニューを家庭でつくれるようになるってワクワクしませんか?

 

 

 

 



関連記事
[ 2016/05/14 06:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

テラスカイ

セールスフォースはアメリカのsalesforce社のクラウド型の営業事務管理システム。テラスカイは日本におけるセールスフォースの代理店。セールスフォースとテラスカイは販売委託契約を結んでいる。

簡単にいうと、セールスフォースはアンドロイドやiosみたいなもので、テラスカイはセールスフォースで使えるアプリを開発提供、また、セールフォースの販売委託もやっている。

テラスカイのSkyVisualEditorはセールスフォースを簡単にカスタマイズできるアプリのようで、レビューみると評価は高いです。

また、このSkyVisualEditなどのテラスカイ独自のアプリをアメリカなど海外展開しているのが厚切りジェイソン。アメリカは日本の市場の7倍とのこと。厚切りジェイソンが好きなんで買いました。ワイは。


http://net.keizaikai.co.jp/archives/18702
このところ、IT業界は多忙を極めている。政府が進めるマイナンバーや、みずほ銀行のシステム統合など数千億円規模のプロジェクトが進行中で、これが18~19年まで続くため、“プチバブル状態”なのだとか。現在、テラスカイの売り上げ構成は製品が約25%、残りはシステムインテグレーションやコンサルティングなどが占めており、利益率の高い製品分野の構成比率を高めたいが、人員が足りずになかなか振り向けられないのが悩みだという。今後は製品売り上げとその他の分野を半々くらいに持っていきたいとのこと。

http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20150605_705479.html
さらにこうして確立されたモデルの海外展開も開始。2012年に米国カリフォルニアに現地法人「TerraSky Inc.」を設立し、丸投げではなく、海外モデルの検討から全て自分たちで行いながら展開しているという。この現地法人を統括するのが、“厚切りジェイソン”の芸名でも知られる製品事業部 グローバルアライアンス部 部長のジェイソン・ダニエルソン氏。氏によれば、特にSalesforceの活用支援を軸に、Salesforceの画面を使いやすくカスタマイズする「SkyVisualEditor」を訴求しており、日本の7倍のSalesforce市場が存在するという米国で展開することで、「現在、欧州や東南アジアをはじめとする世界中から問い合わせがあり、SkyVisualEditorは世界55万ユーザーに利用されている」という。


http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20150605_705479.html
「他国への展開となると、現地に丸投げというケースも見受けられるが、テラスカイはそうではない。現地のユーザーからのフィードバックを受け、製品をローカライズしている」とジェイソン・ダニエルソン氏は話す。
 日本の製品を単に米国に持ち込むだけでは受け入れられない。現地法人を設立し、約2年かけて、ようやく現地のニーズに合った機能を追加できるようになったという。例えばSkyVisualEditorは、マウス操作だけで画面開発ができるという、コーディングなしで簡単に機能拡張できることが特徴のサービスだが、米国ではコーディングがあってもいいから、より細かくカスタマイズできる機能が求められたという。
 「同じサービスでも、日本と米国ではユーザーのニーズが違う。これは日本ではユーザー企業がIT部門を外注するケースが多いのに対し、米国では大きなIT部門を自社で持つユーザー企業が多いため。彼らは技術力も高く、クラウド利用に関しても先進的だ。一方、日本では“誰でも使える”という機能がポイントになることが多い」(ジェイソン氏)
 こうした苦労を経て、現在では世界で55万人がSkyVisualEditorを使うようになったという。日本のSalesforceの利用者数は世界で第2位ではあるが、1位の米国はその7倍。より大きなマーケットを攻略することが、今後のテラスカイの成長につながっていくという。

http://narumi.blog.jp/archives/23808759.html
ジェイソン:そうですね。ジェイソンから紹介しましょう。テラスカイは2006年に設立されて、最初からセールスフォースの導入支援コンサルティングに特化してきた会社なんです。その後9年間で1600件くらいの実績を達成して、おかげさまで今は日本のトップセールスになりました。クラウドに特化した会社です。

関連記事
[ 2016/05/05 14:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

戦略

騰落レシオ5/2 88.9

まだ買い水準ではないかもしれないですね。



関連記事
[ 2016/05/05 13:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

戦前回帰の風潮について

安倍首相はじめとする戦前賛美、回帰の風潮はマジで日本の衰退を感じます。
大日本帝国という日本史上で最も民百姓を苦しめた政権を賛美するのは、大日本帝国の幹部の末裔くらいだろうよ。

そもそも、国っていうのは民百姓が幸せに暮らせるようにするために存在するのだと思っている。つまり、「撫民政治」ですね。
撫民政治を強く意識した政治家は、最近では田中角栄だと思う。故郷を経済発展させたいという思いで政治をやっていたわけで、イデオロギーにこだわりなんてなかった。イデオロギーは手段でしかないからね。

その前は江戸時代では上杉鷹山とか、そして撫民政治の原点は、北条泰時である。

この北条泰時たち鎌倉北条一族というのは、おそらく日本史上でも最強の一族で、モンゴル帝国にまで勝ってしまう武士の鑑である。

大日本帝国は白人種との戦いだとか、戯言ぬかしている人々もいるが、日本の同盟国がイタリア、ナチスでしょ。それで、なんで中国や東南アジアを攻めるんですか。バカバカしくてたまらない。

そもそも、イギリス植民地下のシンガポール人ですら、野蛮な日本の統治など望んでいなかった。

http://www.geocities.jp/yu77799/worldwar2/malayasingapore/Leekuanyew.html


『リー・クアンユー回顧録(上)』より

我々には白人に対する恨みなどの問題はまったくなかった。政府や社会における英国人の優越的な地位は単なる世の中の事実だったにすぎない。

英国人は結局のところ世界で最も偉大な人たちだったのである。彼らは史上最大の帝国を築き上げ、領土は四つの海と五つの大陸にまたがっていた。我々はこれを学校で歴史の授業で学んだ。

英国人はシンガポールを統治するために定期的に交代する数百人の兵士を配備するだけで十分だった。(P33)


『リー・クアンユー回顧録(上)』より

その日の夜、日本軍下士官が数人の兵士とともに我が家にやってきた。家をひとわたり見回して私とテオンクーしかいないことがわかると、彼らは我が家を一時、宿舎にすることを決めたようだ。これが私の悪夢の始まりだった。

私はブラス・バサー・ロードにあった日本人歯科医院で治療を受けていたことがある。医者と看護婦は完璧なまでにきちんと清潔にしていた。ミドル・ロードにある日本人の安売り十セントショップの日本人店員も男性、女性とも同様に清潔だった。

私は衣類を洗濯せず、風呂にも入っていない日本兵が放つ吐き気がするにおいには我慢できなかった。彼らは室内や敷地を歩き回った。彼らは食料を探しており、私の母が蓄えた予備食料を見つけ、食べたいものは食べてしまった。

私は言葉が連う日本兵とは話すことができなかった。彼らは仕草や指図で白分たちの要求を伝えた。私が日本兵の要求をすぐに理解できずにいると、怒鳴られ何度も平手打ちを食らった。

彼らは理解し難い人間だった。ひげも剃らず、髪もとかさず、聞くに耐えない攻撃的な口ぶりだった。私は心の底から恐怖にさいなまれ、夜も何度も目が覚めたりした。地獄のような三日間の後に彼らは立ち去った。(P36-P37)

『リー・クアンユー回顧録(上)』より

ところが日本人は我々に対しても征服者として君臨し、英国よりも残忍で常軌を逸し、悪意に満ちていることを示した。日本占領の三年半、私は日本兵が人々を苦しめたり殴ったりするたびに、シンガポールが英国の保護下にあればよかったと思ったものである。

同じアジア人として我々は日本人に幻滅した。日本人は、日本人より文明が低く民族的に劣ると見なしているアジア人と一緒に思われることを嫌っていたのである。日本人は天照大神の子孫で、選ばれた民族であり遅れた中国人やインド人、マレー人と白分たちは違うと考えていたのである。(P35)

『リー・クアンユー回顧録(上)』より


私は、広島と長崎への原爆投下が必要だったとする点では疑問を持っていない。原爆がなければ数十万人のマラヤやシンガポールの人々、そして数百万人の日本人も死んだだろう。(P41)


そりゃそうだ。イギリスに統治されたほうがマシだろう。
アジアを開放したなんてのは、戯言にすぎない。結果的にはアジアの数百万の人々を殺したのである。

憲法改正についても、せっかく先進国のアメリカがつくってくれたんだから、それを使えばいい。とにもくにも、戦前賛美だけはありえない。
世界の共通認識では、ヒトラー、ムッソリーニ、ヒロヒトは極悪人である。世界の認識では、ヒロヒトは連合国のおなさけで処刑されなかっただけであって、それだけなのである。ヒロヒトの狂信国家が連合国によってまともな国になったという認識。それを戦前賛美するなど正気かと思う。

日本はドイツを見習わないといけないし、戦前のことは永遠に弾劾しつづけなければいけない







関連記事
[ 2016/05/01 08:43 ] 日本蛮族論 | TB(0) | CM(0)