2016/02/08

勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語 (ウイザードブックシリーズVol.230)

スポンサーリンク


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語 (ウイザードブックシリーズVol.230) ガイ・スピア

 これは名著でした。

 結局のところ、頭の良さっていうのは、知識をひけらかしたり、学校の成績が良いということではなくて、自分の欲や感情をいかにコントロールできるかということなんだと思います。そして、同調圧力に負けない芯の強さ。

 日本でいうならば、空気読めないマイペースの人でしょうか。

 共同体に属すると、ノリとか空気とか、そういう村社会での生きる術みたいなものが重要になりますが、そういう中でもいかに芯の強さを持てるかということでしょうか。Never Follow The Crowdです。

 今の状況で読んでよかったかもしれません。著者は少なくとも2年は保有するくらいの気持ちで株を買うとのこと。