2014/10/21

上海エリートの目に香港の民主化デモはどう映るのか

スポンサーリンク


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ


 良い記事だった。香港のデモをまるで相手にしていない上海エリート。

 だが、共産党国家の中国では「西側諸国の民主制度が生んだ結果を決して最良と見なすことはできない」という主張が支配的だ。民主主義の仕組みは「世界のあちこちで問題になっている」(清華大学政治学教授)とし、懐疑的な態度を崩していない。そこには、中国古来の精鋭主義(エリート主義)こそが最良の統治法だとする自信と、西側諸国が作り上げた民主主義という価値観への否定が垣間見られる。

 「多くの学者が自由民主主義を唱えるが、1980~90年代の発展途上国の民主化は、西側諸国が想定した効果には至っていない。民主主義のモデルは様々であり、世界の国に2つと同じモデルはないのだから(他国に)追随する必要はない」

 私の意見と全く同じ。民主化デモを起こして、香港と中国を敵対させようとしている外国人勢力がいるのだろう。ロシアか欧米かわからないが。実際に、ウクライナのオレンジ革命ではジョージ・ソロスが活動家に資金提供していた。ジョージソロスの本読めばくどいほど書いてあるけど。 

 上海と香港の市場相互取引は先週から実施されるはずだったが、香港デモとエボラで延期されてしまった。これ、市場相互取引などの前情報を知らないと、香港市民は勇敢だ!とか、中国は野蛮だ!とか思っちゃうんだろうな。少なくとも、李首相がやろうとしていることは香港の利益にもつながる。デモをしている学生は、そういうことを知らなくて(知っていたとしても、それが香港の利益になると信じていないか)、ファッション感覚で参加しているのかもしれない。首謀者は資金提供うけているのかもしれんが
2014/10/18

北京同仁堂科技 prospects(2013)

スポンサーリンク


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 香港の学生が民主化デモを起こしたことで、香港と上海の株式市場相互取引は実施されなかった。中国の富が香港に流れてくる可能性があったのに。馬鹿な学生がノリで騒いだせいで、香港の市民は間接的に損をしたことになる。

 民主化という言葉は魔法の言葉で、反政府活動をしても『民主化」で全て許されてしまう雰囲気がある。「自由」と「民主主義」は、ローカルの人間のためでなく、アメリカにとっての自由と民主主義である。かつて、東欧のオレンジ革命はジョージソロスが資金援助していた。中国経済発展を阻害するために、活動しているやつらがいるということだ。本当にやっかいな問題だ。

 民主主義は最も良い統治手法ではない。日本の国民から選ばれた政治家と、シンガポールのリークアンユー一族、どちらが優れた為政者か?


 欧米人は奴隷解放、アフリカ、中東経済援助と建前ではやっておきながら、裏では彼らを搾取するためのシステムを維持しようと奮闘している。 

 日本の学生運動も、実際はソ連の工作員あたりが仕掛人なんだと思う。

 今週はエボラ騒動もあって、アメリカ株価が下がったので、しょうがないとおもって、時期を待つ。

 北京同仁堂科技は漢方薬メーカーで、清の乾隆帝の時代から300年の伝統がある。中国が経済発展するのは確実で、中国政府は漢方薬を保護する政策をとっているので、成長するのは間違いないと思っている。中国人は自国の経済発展を目の当たりにして、自国文化を再認識するのではないかと思う。同仁堂で検索すると、日本の病院などがヒットするが、もともとの語源は中国のこのメーカーです。日本でも通販で販売されている。僕は漢方薬はのみませんが。

 2013年の年次報告書を読む。

FUTURE PROSPECTS
Looking into 2014, we will continue to rely on the development of the industry, absorb the insights from peers to forge ahead, and to build up Tong Ren Tang with longer, stronger and larger business lines on a healthy and steady development basis.

1. Focusing on major products and channels to explore new direction of marketing model
We will give full play to comprehensive advantages of the existing product coverage, tap on product potential to better cater for regional and seasonal characteristics and consumer medication preferences. As such, the Group expects to ensure market shares of its major products while seeking continuous breakthroughs in second-tier and potential products and regional penetration. Meanwhile, the Group will take full use of various terminals to showcase its strengths in product mix and resources of the brand for a steady growth in overall sales.

2. Putting emphasis on structure and organic development to achieve new breakthroughs in diversified products
Through organic development of the Company and its subsidiaries,we expect to gradually establish an umbrella of business segments led by traditional Chinese medicine products and covering a range of sectors including healthcare products, health foods and natural herb cosmetics. The Group will also explore the new sales model based on online platforms, taking foods and cosmetics as key entry points to further expand the breadth and depth of its product family.

3. Laying stress on individual competency and comprehensive development to promote new production and management models
The Group will strive to enhance self-management competency of its branch factories on a results- oriented and scientific basis, focusing on improving their capabilities of forecasting, analyzing and processing capabilities for production, scheduling and quality inspection data to constantly upgrade their production and management levels. We aim to establish an integrated production chain system each link from procurement of raw materials and packaging materials, production process monitoring, quality inspection, in-warehouse product maintenance and delivery up to product distribution.

ーー

 方向性としては正しいと思う。ちなみにIGGもまだ持っています(泣)。