ノブレス・オブリージュ

8月15日(ブルームバーグ):米資産家ウォーレン・バフェット氏は、米国の財政赤字削減を図るため、富裕層個人への増税を議会に強く求めた。
増税は投資や雇用の伸びを阻害することはないと説明している。

バフェット氏(80)は米紙ニューヨーク・タイムズへの寄稿文で、「友人や私は資産家に優しい議会からたっぷり甘やかされてきた」と述べ、「米政府が犠牲の共有について真剣になるべきときだ」との見解を示した。

寄稿文によると、バフェット氏の昨年の連邦税の総額は693万8744ドル(約5億3300万円)。
同氏は「大きな金額のように聞こえるかもしれないが、私の課税所得の17.4%にすぎない。
実際のところ、これはわれわれのオフィスのほかの20人の税率よりも低い。彼らの税負担は33-41%で、平均は36%だ」と指摘した。

100万ドル超を稼ぐ層に対しては、配当やキャピタルゲインなどを含めて100万ドルを超える課税所得について即座に増税すべきだと指摘。
「貧困層や中間層がわれわれのためにアフガニスタンで戦い、大部分の米国民が生活のやりくりに苦労しているのに、われわれ『超金持ち』は並はずれた優遇税制を受け続けている」と述べた。

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aZzxFWUsjiSU

 

関連記事
[ 2011/08/26 19:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

「日経マネー」10月号

 日経マネー10月号にrockonさんが掲載されていた!すごいw

$ごまおファンド

http://rockon1982.jugem.jp/

関連記事
[ 2011/08/23 00:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

株価・・・

 日経平均ひどいことになっていますね・・・・。

関連記事
[ 2011/08/21 21:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

戦争責任

気になった2chのレス紹介。

●昭和天皇に戦争責任はあったよな?Part26
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/army/1299936186/

825 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2011/08/07(日) 14:11:02.62 ID:???
まあ、昭和天皇に全責任があるとまでは言わないけど、なかったとはやはり言えないだろ
なんせ大元帥として、御前会議に出席して、作戦の概要を全部聴いた上で判子押してたんだからさ
東電の社長が、原発に対して俺は責任ないよ
だって、会議には出席してたけど出席してただけで判子押してただけだからとか言うようなもんだろ
一番偉い立場の人間が責任放棄したら世の中のむちゃくちゃになる
まあ、だから戦後の日本はこんなことになったかもしれんね


826 名前:名無し三等兵[] 投稿日:2011/08/07(日) 16:06:13.38 ID:/4y7q/Ig
>>825さん
言いたい事をよくぞ言ってくださいました。
ありがとう。
全く同感です。


---

 終戦記念日が近いなあ。大東亜共栄圏万歳、大日本帝国万歳、とか言っている人は、水木しげるの伝記「水木しげる伝 上・中・下」読むといいと思う。末端兵士がどういう扱いを受けていたかよくわかる。

 為政者への崇拝を強要されて、為政者者のために死ぬことを強要されるっていうのは、本当に気持ち悪いと思う。例えば、恋人とか妻とか子供のためには死ぬことができるだろうけど、権力者のために何故自分の命を捨てないといけないんだよって思う。

 暗愚な為政者が出現すると人民は不幸になる。なるべく暗愚な為政者が出現しないようなシステムが民主主義なんだな。
 最良の政治システムは有能な独裁者による独裁政治なんだけど、有能な独裁者なんてそんなにいないんだよな。

関連記事
[ 2011/08/07 16:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コラム:黒人差別とイスラーム

非常に興味深い内容ですので紹介させてもらいます。

http://www.h7.dion.ne.jp/~gankocat/islam6-11.html


 「黒人は本質的に人間的資質に乏しく、物言わぬ動物に極めて近い。黒人は一般に軽率で、情緒的であり、メロディーを聞くとすぐに踊りだす。彼らはどこにおいても愚か者とみなされる」

 混血とは言えアフリカ系のアメリカ大統領が誕生した現代からみれば、上の発言は偏見と侮蔑に満ちた許し難い暴言である。

 ただ、これは西欧人の発言ではない。
 有名な北アフリカ出身のムスリムで14世紀に活躍した政治家にして学者であるイブン・ハルドゥーンの言葉である。
 歴史書「イバル(実例)の書」の作者であり、マルムーク朝スルタン・バルクークに仕えるなど北アフリカ政界で活躍し、征服者ティムールと会見した歴史上の著名人である。
 マーリク派の法学者でもあり、イバルの書の序章と第一部に当たる所謂「歴史序説」は冷静な観察眼を持って書かれた社会学、経済学などの諸学問に言及した著作として極めて評価が高い。また古典派経済学の基本思想である労働価値論の先駆者としても知られている。

<略>

 などとありきたりな話はともかくとして、近代にいたるまで黒人に差別意識を持っていたのは西欧人だけではない。白人系のムスリムのほぼ全てがサハラ以南の黒人達を獣同様の人々として自分達の下に見ていたのである。そして西欧人に黒人蔑視の思想を植え付けたのは、イブン・ハルドゥーンなどの知識人による書物や、交易を通じて伝えられたムスリム達の言辞であったと考えられているのである。イスラームが、その教義において人種による不平等を否定していたとしても、差別は歴然として存在していた。特に黒人に対するそれはひどく、イスラームを信奉する者は奴隷身分とする事は原則として許されないにもかかわらず、古くからのムスリムであろうと黒人は奴隷狩りの被害に遭い、イスラーム世界や西欧世界に売却され過酷な環境に置かれる事が多々あったのである。

<略>

 皮肉な事に、イスラーム社会が生み出したレトリックは、今度はムスリム全般に対して向けられるようになった。偏見に満ちた近代のオリエンタリズムが新たに創造した価値観に基づく誹謗中傷に、ムスリムとイスラーム社会を含むアジア全体が投げ込まれた事で、もともとフィクションでしかなかった各地の優越思想(中国の中華思想なども含む)が瓦解した。特にムスリムはアイデンティティの喪失は激しく、今や人々は愚かにも(アッラーフではなく)ムハンマドの後継者に助けを求めている。



----------

 黒人差別というと、欧米系の白人が黒人を差別していた近代の事象をイメージする人が多いと思う。しかし、西欧世界が発展する以前はイスラム世界の白人(いわゆるアラブ系、ペルシア系のコーカソイド。)が黒人を差別していたのである。イスラムには人種や民族で人間を差別しないという基本思想があるにも関わらず(宗教・・・つまり思想では差別してもいい。)である。しかし、近代になるとイスラム世界そのものが欧米世界から差別の対象になるのである。


関連記事
[ 2011/08/06 07:03 ] イスラム | TB(0) | CM(0)

日本精蝋買い

 先週末のIRで大幅上方修正された日本精蝋を買いました。和田興産を売り。

現在株価351円

予想EPS 87.94
予想PER 351 ÷ 87.94 = 3.99倍

 さすがに安いんじゃないかと思います。配当も3.41%だし。


---
PFはこんな感じです。

・PF
ALサービス
FPG
日精蝋
ランシステム
ヤーマン




関連記事
[ 2011/08/01 20:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)