「とんねるずのみなさんのおかげでした」番組終了

結局番組終了するようだけど、今のフジテレビにこれを超えるコンテンツをつくれるわけがなく。

ますますテレビ離れが進むだろうな。

テレビに執着していた世代が見ていた番組だったのに。

かつての視聴者向けに完全なトーク番組等にして、制作費抑えるとか色々やり方はあっただろうに。

改革改革といって、全部ぶちこわしてしまったら、何が残るんだろうか。

[ 2017/12/07 23:13 ] お笑い | TB(-) | CM(0)

「とんねるずのみなさんのおかげでした」番組終了について

どうやら番組終了しないようです。よかった。

めちゃイケは視聴に耐えないほどつまらないが、とんねるずはふつうに面白い。

それに30代以上の世代にとって、とんねるずは圧倒的なスターなので、出演単価を下げるなり交渉して、徹子の部屋みたいに続けたほうがいい。若年層にこびる必要はまったく無く、旧来のファンに対しての番組づくりでいいはず。


それにしても、めちゃイケはつまらなさ過ぎる。岡村休養時の新メンバーが要らなかった。いまさらながら思うが、岡村の代わりに出川を代打で出すとかすればよかったのでは?出川だったら岡村の復帰も笑いにできるはず。新メンバーを選出する過程もつまらないし、そもそも企画がつまらなかった。

[ 2017/12/01 19:54 ] お笑い | TB(-) | CM(0)

「とんねるずのみなさんのおかげでした」番組終了について

少し前に「笑っていいとも」が終了し、
「めちゃイケ」「とんねるずのみなさんのおかげでした」終了のうわさが流れているようです。

「めちゃイケ」は岡村休業以降は面白くないし、賞味期限切れの感はあるけど、「みなさんのおかげでした」は番組終了させるのは勿体無いのではないかと感じる。

仮に番組終了したら、とんねるずの新番組をAbemaTVで企画すれば、サイバーエージェントはかなり支持されるんじゃないだろうか。

フジテレビが高視聴率をたたき出していたころはとんねるず絶頂だった。そのとんねるずの番組が終わるタイミングで、彼らにAbemaTVで新番組持たせてあげたら、かなりの宣伝になると思う。

[ 2017/11/11 19:41 ] お笑い | TB(-) | CM(0)

コンビニや牛丼チェーン店などに過剰なサービスを要求する傾向

ダウンタウンの松本一派がよくチンピラみたいに、コンビニや牛丼チェーン店などの店員の態度が悪いとケチをつけている。

 

僕もたまにはそう感じることがあるけど、アルバイトで安い時給で働いているので怒ってもしょうがないと思ってしまう。アルバイトの賃金分には、客を王様のように扱うような過剰サービス分を包括していないのだろうという思い。

 

つまり、アルバイトの賃金以上の過剰なサービスを客が求めるべきではないということ。居酒屋などにも同じことが言えると思う。

 

コンビニの店員の賃金は安いとしても、月会費で1万円払わないと、コンビニで売買できないなどの高額なサービス費用がかかるとしたら、別だと思うが。


 

 

 

しかし、ある程度の高級な寿司店とか、レストランだと、客も相応のサービスを求めてもいいと思う。

 

ネットニュースなどでは、オッサンや爺さんが横柄な態度をとることが多いという。若者は問題を起こさないという。

オッサンや爺さんになればなるほど、横柄になるのはなぜなのだろうか。感情的になってしまうのはみっともないとおもう。

 

チンピラの立ち話ならまだしも、これを高額なギャラをもっているタレントがペラペラしゃべり、それを面白がって放送できてしまうテレビ番組のシステムってどうなんだろうか。テレビ視聴率が落ちているのは質が低すぎるからだと思う。個人の好き好きもあるかもしれないけど。

 

横山やすしがダウンタウンの漫才をチンピラの立ち話といったのはこういうことが理由なのだと思う。明石家さんまは、ゲストをいじったりはするけども、ダウンタウンのチンピラの立ち話とは違う美学みたいなものを感じることができる。今日のワイドナショーでも加藤一二三に対して失礼な態度をとっていたと感じた。なぜ、テレビ業界では彼を王様としてしまうのか。

 

オリラジのあっちゃんを応援したい気持ちもかなりある。

 

 

 

ちなみに僕は爆笑問題とか、くりーむしちゅーのような関東芸人が好みである。上田はMCとして相当実力をつけてきていると上から目線で視聴している。

 

 

 

ダウンタウンの松本は高額なギャラをもらっているわけで、我々視聴者を王様のように笑わせる義務があると思っている。坂本龍一はダウンタウンに絡んだことを後悔しているという。ダウンタウンの松本が高級を得てしまうような現在の企業広告費のシステムは適正なのだろうかと思う。つまり、お笑いタレントのギャラが高額になりすぎていると。彼らの富の源泉は企業広告費である。

 

若い投資家の人たちが、巨大な企業の大株主になるなどして、日本をよりよい方向に変えることができるのじゃないかと勝手に思っている。

 

 

 

日本の過剰サービスな風潮で困るのは、最後にこまるのは、労働者なのではないだろうか。



[ 2017/06/25 12:45 ] お笑い | TB(0) | CM(4)

松本人志は完全に終わった

坊主になる前の髪の毛をきちんと整えてスーツを着ている時代のまっちゃんは大ファンでした。

 

なぜ、この時代のまっちゃんがすきだったか?

 

・髪の毛をきちんと整えて、スーツとネクタイをした小奇麗な男が、ぼそっと面白いことを言うのが、ツボにはまった。

・桂三枝や横山やすしなどの先輩に挑戦する姿が痛快だった。

・まっちゃんが若くて好青年にみえた。

 

 

ごっつええ感じを降板したくらいで嫌いになり始めました。

 

・上下関係にやたら厳しくなってきたこと。キム兄のようなチンピラを率いて有頂天になっているのがすごくちっぽけにみえる。視聴者としては、吉本の上下関係などどうでもいい。むしろ、上下関係を感じさせないウッチャンのようなタイプのほうが、視聴者にとっては好印象なのでは?上下関係に厳しいこともそうだが、権威主義的である。安倍首相にペコペコしているのが情けなく見えた。

・風貌が汚らしくなった。坊主がまた似合ってなくて、小汚い。小汚い男が下品なことをいってもギャップを感じないから面白くない。松本はこれを理解していない。

・著書遺書と真逆のことを行っている。それはいいとしても、それ自体をネタにできない。道化を演じられない。

・映画がクソつまらなくて、北野武ほどの才能がないということがばれてしまった。しかし、それをネタにできない。道化を演じられない。そもそも、映画がすきで映画をとっているなら、何を言われても気にするべきじゃないと思うが、松本は承認欲求から映画をとっているように感じられた。

・笑いを視聴者が評価することを嫌う。視聴者をバカ扱いする。ほとんどの視聴者は尼崎の高卒の松本よりも学術的な知見は深いであろう。

 

 

 

 

 

 



[ 2017/06/07 21:43 ] お笑い | TB(0) | CM(2)