スポンサーリンク
2018/01/19

ニホンフラッシュ購入のカタリスト4

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
中国の経済成長率が、政府目標を上回った。
中国の国家統計局は18日、2017年のGDP(国内総生産)について、前の年と比べて6.9%のプラスだったと発表した。
中国の成長率が前年を超えるのは、2010年以来、7年ぶりで、政府が目標としていた6.5%前後を大幅に上回った。
2016年は6.7%と、26年ぶりの低水準だったが、堅調な消費や輸出が寄与したほか、2017年、5年に1度の共産党大会前に実施した景気対策も下支えしたとみられる。
中国の国家統計局長は、記者会見で、「国民経済が安定の中で好転し、予想以上に良好だった」と述べた。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00382352.html


中国経済は崩壊しないし、不動産バブルははじけない。実態経済が順調だと思う。
2018/01/14

ニホンフラッシュ購入のカタリスト3

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
■投資期から安定期へ
ニホンフラッシュは、現在はキャッシュを稼ぐ安定期に突入したと考えています。ValautionMatrixで分析してみました。
直近では2017年10月に工場が完成。取り扱い製品は地味ですが、着実にキャッシュを稼いでいる。

SnapCrab_NoName_2018-1-14_19-39-1_No-00.png

■ニホンフラッシュの中国での成長のための投資履歴

SnapCrab_NoName_2018-1-14_19-45-50_No-00.png
SnapCrab_NoName_2018-1-14_19-46-9_No-00.png
SnapCrab_NoName_2018-1-14_19-46-3_No-00.png




■ニホンフラッシュの投資履歴

SnapCrab_NoName_2018-1-14_19-44-49_No-00.png

2018/01/13

ニホンフラッシュ購入のカタリスト2

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
今期第2四半期報告書より。

受注高、受注残高が日本よりも中国のほうが大きい。

『巨大な中国の市場』という文言があるとおり、相当需要があることをニホンフラッシュとしても感じており、それで、中国に生産工場をつくったのだと思う。



SnapCrab_NoName_2018-1-13_9-53-20_No-00.png

SnapCrab_NoName_2018-1-13_9-43-41_No-00.png

SnapCrab_NoName_2018-1-13_9-44-4_No-00.png

2018/01/07

ニホンフラッシュ購入のカタリスト

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
■競合メーカー
標準品中心の大手内装メーカーとは競合少なく、性格的にはオーダーメードの建具屋。

■中国における設備投資
中国に工場が完成したばかり。吉屋(青島)家居有限公司の工場が完成し、2017年10月から生産を開始。

■中国での売り上げ
全売り上げの50%を占める。中国ですでに成功している企業。

■中国における販売網
後述のインフィル対応のために、販売網を強化している。

■中国での成長可能性
中国のマンション販売形態が「スケルトン」→「インフィル」に今後シフトする、コンクリートうちっぱなしから、ある程度の内装つきの販売形態になるということ。投機目的を抑制するための中国政府の政策。これまではコンクリート状態で市場で売買されていたのに対して、内装が無いと販売できなくなる。
言い換えると、投機目的のマンションにも内装がつくということ。

■決算進捗
順調。

■まとめ
中国の不動産では大きな変化が起きる。インフィルへのシフトである。不動産投機目的でのマンションにも内装が必須になる。不動産で内装の見た目は、購入者の印象を大きく左右する。日本製で実績のある日本フラッシュはかなり成長できる局面にきているのではないだろうか。
2018/01/05

ニホンフラッシュをガッツリ購入

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
大発会から今日にかけて、ニホンフラッシュをガッツリ購入しました。
大発会の急落は誤発注ではないかと思っていましたが、本日もダダ下がり。投資家の利益確定によるもの、つまり、ミスターマーケットの気まぐれによるものだと考えています。

SnapCrab_NoName_2018-1-5_22-17-0_No-00.png

最新四季報では、下期加速の文言もあり、損はしないと考えています。1月末に決算もありますが、決算も期待されている数字を出してくると思っています。

SnapCrab_NoName_2018-1-5_22-16-28_No-00.png
2017/12/29

ジリ貧のツヴァイ

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
イオン系のツヴァイですが、業績がかなり悪いようです。



SnapCrab_NoName_2017-12-29_22-28-39_No-00.png

私は業績が悪い銘柄のときは、売り上げを意識する。ツヴァイは売り上げが減っている。売り上げが伸びていて、利益が減っているのは、先行投資の場合や合理化やコストカット等で、業績が回復する場合はある。しかし、売り上げが毎年落ちているようでは、相当厳しい状態と思う。

ツヴァイのホームページをみると、かなりパートナーエージェントを意識している感じが見受けられる。パートナーエージェントをはじめとした競合に顧客を奪われているのだろう。

ツヴァイの大株主はイオン。イオンの安心感はあるが、この安心感だけでは厳しい状況だということである。
2017/12/28

老いと勝負と信仰と 加藤 一二三

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ


ひふみんこと加藤一二三の著書。

この本は、名著だと思います。加藤のように前向きに明るく、長く戦うためには参考になる。

真剣でなければ求めても与えられない。

加藤は常に真剣に将棋を指しており、手を抜いたことが無い。

自分は株に真剣に打ち込めているのだろうか。




SnapCrab_NoName_2017-12-28_8-1-43_No-00.png

SnapCrab_NoName_2017-12-28_8-2-13_No-00.png

SnapCrab_NoName_2017-12-28_8-2-25_No-00.png
2017/12/17

パートナーエージェント購入のカタリスト

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
■東証1部への市場変更の可能性

■株主数2200人以上
SnapCrab_NoName_2017-12-17_10-49-58_No-00.png

■時価総額40億円以上
現時点で35億円程度。

■利益の額(最近2年間の連結経常利益の総額が5億円以上であること)
決算書を見る限り、ぎりぎり5億円ラインだと考える。

お見合いは信用も大事だと思うので、東証一部への市場変更はぜひともしたいところ。
市場変更を目指すのならば、時価総額から考えて、株価は400円以上はないと厳しい。

■総合
市場変更の可能性はあると考える。仮に市場変更がある場合は、株価の最低ラインは400円程度となり、今の株価はバリューである。
2017/12/16

パートナーエージェント購入のカタリスト

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
https://plaza.rakuten.co.jp/mikimaru71/diary/201602180000/
みきまるさんがエスクリの暴落局面で書いた記事。その後、株価回復。

パートナーエージェント購入のカタリスト。
■ネガティブ要素
・社長が株を放出。
・お見合い事業の会員数伸び悩み。
・コネクトシップの遅れ
・ヤフー掲示板の絶望感
・広告の手ごたえが無い。認知度が無い。

■ポジティブ要素
・時価総額35億。ここまで下がったかw
・来期よりコネクトシップの手数料収入が入る。
・OTOCON事業が成長
・お見合い事業の会員数を増やすため、OTOCONメンバー制度を廃止。(と私は感じた。お見合い事業に誘導したいのだろう)

■総合
コネクトシップの手数料収入がどれだけのものかはわからないが、手数料ビジネスをうまく成長させてほしい。また、社長の持ち株売りだけど、ネクステージの社長も株を売っていたこともあるので、そこはマイナス要因なんだけど、この暴落が買いだと判断した。
2017/12/16

エスクリの暴落時と似ている。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
パートナーエージェントはエスクリの暴落局面と似ていると思っています。

期待された成長が適わず、株価が半値まで暴落。

エスクリはそこからジワジワと戻してきた。

パートナーエージェントは、今が最悪の時だと思って逢えて、インしました。

まさか社長が持ち株を売るとは・・・w というIRニュースを見て思った。

SnapCrab_NoName_2017-12-16_13-4-57_No-00.png

利益を出すには、こういうときに買わないといけないと思っている。
2017/12/16

トランプ大統領は飲酒・喫煙をしない。マクドナルド大好き。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
トランプ大統領はアルコールやタバコを吸わないということで、私はもともとタバコは吸わないのですが、アルコールを飲むのをやめました。

アルコールもタバコもドラッグみたいなものなので、やらないほうがいいかと。っていうか、酒を飲むと数日体調が悪くなるということがあったので。


その代わり、トランプ大統領はマクドナルドが好きなようです。

はっきりいって、マクドナルドは旨いですよ。ジャンクフードというけど、肉もはっているし。

日本の食文化って凄く豊かなんですけど、たとえば、室町時代に現在と同じような食材が安価に手に入っていたら、和食って発達したんだろうか?少ない食材や食のタブーから、制限があったから生まれたのが和食だと思う。

和食って健康にいいとはいうけど、砂糖をつかって味つけをするし、塩を多量に使用する。
砂糖をあれだけ使うのも珍しいのでは。

もし、室町時代にスパイスが安価に手に入っていたら、スパイスをうまく使うだろうし。
スパイスを使うことで、食塩などの使用量も減ったと思う。

スパイスと肉が手に入ったら、寿司や刺身をわざわざ食べるかな?

日本の文化って実はどれだけ価値があるんだろうか、すごく疑問に思う。
これは日本の国力が弱くなっているから、その文化そのものに私が疑問を抱きやすいのだと思う。